road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2006
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

この悔しさを決して忘れまい

昨日の夕方に町中でnewsを知った。一瞬頭が白くなり、心にはぽっかりと大きな穴があいたようだった。
大切なかけがえのないものを失ってしまったという思い。
帰路、電車の座席に呆然と座っていると、前のサラリーマンが松坂の笑顔の写真の載ったスポーツ紙をながめている。いつもと何も変わらぬ風景の中、この国に不幸をもたらす運命の決定がなされた。ぐるぐると思いが巡り僕は涙があふれて止まらなくなった。
夜、床についても悶々として寝つかれない。空気が薄くなったわけでもないのに、急に世界が息苦しくなったように感じた。

世論が求めている」・・・それが改正法提案の根拠とされていた。(国会答弁)
その「世論」は莫大な金をつぎ込んで、行政機構と税金を使ってデッチあげたものであることが暴露された。
首相は責任をとって給料を返還するなどとしているが、全く責任のとりかたがトンチンカンだ。法案提出の責任者たちが「やらせ」に関与しているのだ。よくヌケヌケと痛くもかゆくもない「減給」ですませて、強行採決できたものだ。

新教育基本法は自民党改憲案と整合性のあるものだ。という。(伊吹文科大臣答弁)
おいおい、この国は立憲主義の国ではなかったのか。法治国家ではないのか。
法律作成にあたっては、現行憲法との整合性を吟味するのが立法府の最低限の義務ではないのか。ありもしない「憲法」と整合させてどうするのだ。そんな法律は無効のはずだ。そして彼らの言動のすべてが憲法擁護・尊重の義務にまるっきり反していることもまた確かだ。なぜマスコミはつっこまないのか?

この理念法のうえに、時代にあった日本人をつくっていくという作業の重さにおののいている」(伊吹文科大臣答弁)
ここまで本音をあけすけにしゃべっちゃっていいんだろうか?よっぽどマスコミ報道と国民はなめられきっているんだなぁ、と思う。
そう、これからはあなたたちがこの国の教育を担うのだ。「時代にあった日本人をつくる」という教育の主体に晴れてなることができたのだ。
(しかも「育てる」という発想ではなく「つくる」という表現にその内実とするものが透けて見えてくるようだ。彼らにとって人とは、育つものではなく、つくられるものなのだ!)
ちょうど教育基本法「改正」の「世論」をかれらがつくって見せたように、税金を使い行政機構あげて、「りっぱな国民」をつくるという決意表明。確かに「おののく」ほどの重さをもつ事だろう。
教師も学校も彼らの意図を実現させるための手足としての存在。ああ、なんと美しき国!

臥薪嘗胆。2006年12月15日。この屈辱、この怒りは決して忘れまい。

                   











0
投稿者:eudaimonia

今、結びあい連帯すること

つい先日、勤め先の校長と話をした。やり手だが、保守的でワンマンタイプの人だ。そんな彼に不平不満をもつ職員も多い。

その校長と、教育基本法「改正」について意見交流した。
ぼくが国家の教育内容への干渉が合法化されることや条件整備の義務が曖昧化される点について疑問を呈すると、それに賛同して
「今、現場が切実に求めていることに行政は少しも答えようとしていない。」
「教育再生会議ってあれはいったいなんなんだ。現場の人間(教員)がひとりしか入っていないじゃないか。」
と、安倍教育改革の批判をひとしきり。
そして、僕の「学校のことを何も知らない政治家達がとんでもない方向に教育を導こうとしている」という意見に対しては、
「われわれは日々の仕事に追われ大きなことを考えるゆとりを奪われている。」
「そういうふうに仕組まれているんじゃないか」
「こんな状況なのに投票にいかない国民がいけない」「みんなが投票にいって政治をかえなければいかん」と力説していた。

話してみないとわからないものである。現場で子ども達と向き合い、その幸せを願い日々誠実に教育実践をしている人間の感覚のまっとうさを感じた。
分断攻撃に絡めとられてはなるまい。
大多数の国民はその生活現実を基盤として連帯することができる。
本音を語り、繋がりあえる関係を身の回りから築きあげねばなるまい

回り道のようでも、それがやがて政治的な力関係をかえる大きなパワーの源になっていくことであろう。

「教育で愛国心を養うべきだ」と力説するナショナリストの友達が、最近、「何故そうまでして教育基本法改悪反対でがんばるの?」と僕の健康を気遣ってくれている。そして、「法改定が、この国の未来に不幸をもたらすことは間違えないから。わかっている人間が今訴えておかないと・・・」という僕の言葉に耳を傾け、「君は本当の愛国者かもしれない・・」と言う。

まだ本会議がある。希望はすてない。やるだけのことはやる。悔いの無い人生を生きるために・・・
0
投稿者:eudaimonia

賛同表明

「9条守ろう!ブロガーズリンク」を知り、その格調高い結成宣言を読みました。
本ブログは、その主旨に賛同し参加することを表明いたします。
日本の良心の砦として小異をこえて連帯し、この国の希望を結ぶ輪としていきたいものです。

教育基本法改悪、そして憲法改悪にむけての手続き法の成立までがねらわれている今、反動の嵐の中で、keep9の発展もまた歴史の必然といえるかも知れません。

歴史を前へ動かす主体として生きること。そういう人々のきずなの中に生きること。
辛く厳しいことは多くとも、他の何にも代え難い喜びがそこにあるような気がしています。


クリックすると元のサイズで表示します

緊急署名にご協力下さい。教基法「改正」案の審議に公述人・参考人として関わった識者の皆さんが緊急アピールを出し、賛同の署名を呼びかけています。締め切りは明日の10時。たくさん集まれば廃案への大きな力になることでしょう。
詳しくは、http://plaza.rakuten.co.jp/KUMA050422/
をご覧下さい。
0
投稿者:eudaimonia

あきらめてはならない

最近よく悪い夢にうなされる。
たとえば、そこはすでに戦中のこの国の未来で、僕は特高につきまとわれているのだ。教室での僕の言動がすべてチェックされている。そして仕事を失うのではという恐怖におびえて震えている。その息苦しさに耐えられなくなったところで目を覚ます。

目覚めて思い出したのは、三浦綾子の「銃口」のことだ。
主人公の竜太は誰よりも子ども達を愛する教師。そんな竜太がある日「綴り方教育」の会合に出席しただけで、突然検挙され連日きびしい取り調べを受けた上に退職を強要されることとなる。かれが敬愛する恩師坂部先生は特高の拷問を受けた後病死する・・・
という内容だ。
生活綴り方運動に対する弾圧は歴史的な事実であり、「綴り方教育は貧困と矛盾に目覚めさせ、子ども達を革命戦士に育てるための教育・・」とでっちあげられ、治安維持法違反によって約300名の公立小学校の先生たちが検挙された。

二度と再びその時代に戻してはならない。その責任が我らにある。今が重大な正念場である。
昨日から風邪で嘔吐、下痢を繰り返しているが、書かずにはいられない。要請のメール、ファックスも送りまくっている。
作家の辻井喬さんが言っている。

いま一番危険なのはわれわれ自身が絶望することじゃないでしょうか。異議を唱えつづけることが大事です。することはまだまだありますよ。」

要請先

安倍首相 FAX03-3508-3602
特別委員会委員長 中曽根弘文 FAX03-3508-2424
メールinfo@hiro-nakasone.com
理事 岸信夫(自民) FAX03-5512-2207 
メールcomment@kishi-jpn.com
理事 北岡秀二(自民)FAX03-5512-2236
メールshuuji_kitaoka@sangiin.go.jp
理事 保坂三蔵(自民)FAX03-3502-2095 
メールsanzo_hosaka@sangiin.go.jp
理事 風間ひさし(公明)FAX03-3508-8503
メールhp_mail@kazama-hisashi.net

0
投稿者:eudaimonia

ナターシャとブルース

先日、ナターシャ・グジーの「水晶のうた声」を生で聞いた。
彼女自らが奏でるウクライナの民族楽器バンドゥーラの音の調べもまた美しく、久々に心安らぐ時を過ごした。
だが彼女の魅力はその美しい歌声と巧みな演奏だけのものではなかった。

ナターシャが生まれた国は、ウクライナ。彼女の父親は原発で働く労働者だった。
あの事故が彼女の運命をかえ、彼女を変えた。チェルノブイリからわずか数十キロの町、ナターシャが生まれてからずっと過ごしたその町は、今はもう廃墟である。放射能による被害で友達が次々と死んでいった。
ナターシャはこう語っていた。「あんな事故を二度とこの世に起こさないようにするために、私は歌をうたいつづける・・・」
だから彼女の歌には、強く人のこころを揺さぶるものがあるのだ。

広島の中学生たちが作詩して、たかだりゅうじさんが作曲した「ねがい」(この曲は今世界中で歌われていると聞く)を彼女がうたった。そのうたごえはこの世の何よりも美しく、いつのまにか僕は言葉にならぬほどの感動に包まれていた。
(写真は個人的にお願いして撮らせていただいたものです)
クリックすると元のサイズで表示します

もう一つ紹介したい。昨日、ジョンレノンの命日。
アメリカではグラミー賞の授賞式。衛星放送で見ていたら大好きなブルース・スプリングスティンが出演。映像でみるのは初めてで、彼の歌に酔いしれた。歌い終わった彼がステージを去る前に何気なく一言を発する。
「米兵をイラクから帰還させよ」
本当にごくさりげなくこの一言。そのかっこよさ。やっぱりすごい男だとあらためて僕は思った。
0
投稿者:eudaimonia
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ