road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

人間疎外の時代に

17歳の高校生らが、83歳のお年寄りの体に何発も花火を打ち当てて大やけどさせたというニュースをみる。
どうにもこの事実、そこはかとなく暗く、そして限りなくおぞましい。
暗澹たる気持ちを抱えたまま私は思考する。

いまや哲学は、こんな現実に対しても顔をそむけずに面と向かいその意味を解き明かす力をもたなければ、存在意味すら持たぬ時代となったように思う。

考えるためのヒントをK・マルクスの「人間論」・「疎外論」が与えてくれているようにずっと思ってきた。
以下、私ながらの解釈。

人間は、労働することによって、労働の対象に、その完成した姿に人間性の豊かさをあらわしてきた。
それは「人間力の外化」ともいえるものであり、人間という類の本質とも関わる人間の営みである。
人間はその力を、外化することによってしか発展させることはできなかったのだ。
しかし、外化された人間の本質は独自に発展をとげる。
そして、当の人間の圧倒的多数が労働者として、外化されたちから(=資本)に支配されるまでに展開されるにいたる。

これが人間の疎外だ。
そもそも人間の本性が発現したものによって人間が支配され空虚にされていくのだ。

現代は、人間が根底から徹底的に疎外された状態にいたった時代ともいえるのだろう。
精神的に空虚になり、人間的な力と人間性の本質を失った存在としての人間。
この国では特にいっそう鮮烈に現象化しているのではないだろうか。

どのようにしてこの矛盾は展開されるのだろうか?
人間の外の世界において対象として展開された富の豊かさ。
それに対して外部の世界が豊かになるほど進む、人間の内部の世界(精神)の空っぽさ。

やはり人間が、対象的に展開しますます豊かになった富を、再び自らのものとすることにしか矛盾が止揚される場所はない。
その時のために人間の疎外はあったのだ。

疎外されてからっぽとなり、お互いがきり離された人間たちが、ぎりぎりのところで再び手を結びあい、外にあった世界を自分の豊かさとして取り込むこと。
自分のために、自分のものとして所有するという一面性を超えて、ただ単に人間として豊かになるために享受すること。

10代の子どもに何かを要求する前に、まず自らが率先して行動すべし。
10代の若者の心の問題として現れて進行している事態の本質を深くうけとめ、生き方を問い直す大人たちが増えること。
それこそが歴史の要請なのだろうと思う。
0
タグ: マルクス 疎外 哲学
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
AutoPage最新お知らせ