road to truth

ひとりの人間の「真実の生き方」への模索の記録

 
九条を守ろうブロガーズリンク

カレンダー

2019
November
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

否定されたのは、麻生なのか?コイズミなのか?

コイズミ構造改革こそが、今日の生活破壊を招いたことは明らかだ。
身近なところで自殺者が続出している。「痛み」に耐えきれなかった人々の慟哭を、どう受け止めたらよいのだろう?

僕の住む県は「県民の皆様へ 救急医療のご案内」などというパンフレットを作成、配布している。その内容を端的にいえば、「医師不足のため、この地域の救急医療体制は危機に瀕している」というものだ。決してこの県だけの現状ではないだろう。
ところで、医師不足は自然に発生した出来事では決してない。政治的に、意図的に作り出された現実である。それは、医療関係予算の削減をねらい、大学医学部の定員削減をすすめたコイズミ構造改革による痛み以外の何者でもない。

選挙期間中、あるテレビ番組で沖縄のタクシー運転手さんたちの生活が紹介されていた。一日12時間以上の労働をしてもその対価はほんのわずかなもの。なんと、年収にして200万円にしかならないというのだ。子どもたちの教育費や家族の生計をどうしていけばいいのかと苦悩する運転手さんたちの姿が胸に迫ってきた。
いったい何が、彼らをここまで追い込んだのだろうか?
その原因はあまりにはっきりしすぎている。2002年の規制緩和。タクシー大幅増車の原因をつくったコイズミ構造改革による痛み以外の何者でもない。タクシーが増えすぎてタクシー労働者が生活できなくなってしまったのだ。

さて、今回の選挙で否定されたのは「コイズミ構造改革」なのか、それとも「自民党の旧来からの政治のあり方」なのか?僕はあくまでもそこにこだわりたい。
何故ならば、そのことを抜きにして、今回の選挙結果への評価はありえないと考えるからだ。

報道されたごくわずかな資料を分析してみよう。
産経FNS世論調査によると、「自民党の敗因」は
「麻生の判断や言動」=29.5%
「麻生以前の首相の判断や言動」=19.6%
「個々の候補者の政治姿勢」=10.3%
「党の実績への評価」=28.9%
などとなっている。

麻生首相が否定されたことは間違えないが、コイズミへの評価は微妙だ。
「麻生以前の首相の判断や言動」=19.6%
とあるが、麻生以前には安部もいるし福田もいるからだ。

そこで、別の質問を見てみることにしよう。
日本の首相に一番ふさわしいのは誰か?これは現職の国会議員限定の問いである。
結果、桝添13.1%(2位)、石破5.5%(3位)、石原伸晃4.9%(5位)
などの名前が上位にあげられている。いずれもコイズミ「改革」を推進してきた連中である。
少しづつ明らかになってくるようだ。

次に、同じ質問。今年4月の調査結果から。
コイズミ14.8%(1位)、桝添9.0%(2位)

結論。
残念ながらこの国の国民は、未だにコイズミ構造改革を断罪していないのではないのだろうか?(ついでにいえば、コイズミによるイラク戦争支援についても同様であろう)

さて、痛みを感じているはずの国民はどこへいってしまったのだろう?


(9.14原文を編集、改訂版)









1
投稿者:eudaimonia
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ
  八ッ場ダムに関しては、いろいろな方が書かれている。
ブログや記事を読んでいても、おとなしい書き方をしたものが多いように思える。
原因を、少々考えてみた。
まずは、
〓 7割、できているいるという報道 がなされていること。
次に、
〓 移転をし終えた旅館の方々や住
鳩山由紀夫内閣が16日夜、発足した。

民主、社民、国民新3党連立で、選挙による非自民政権の誕生は1993年の細川護熙政権以来、16年ぶりとなる。
しかし選挙により政権が変わったのは始めてです。
共産党支持のペガサス・ブログ版の<a href="http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2009-09-15">「「建設的野党」は選挙後の標語であるべきだった」</a>http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2009-09-15から引用します。
  気弱な地上げ屋さん によれば
「この国には妖怪神話と言うものがあって、悪い妖怪と良い妖怪がいる」 そうです。
この説は正しいのですが、少々補足をさせていただくと、妖怪を鬼と置き換えてみるとわかりやすい(笑
同じ鬼でも、 小僧っ子の鬼は童子 てやつで、よく言わ
創価学会は反権力の歴史を持っている。
その本来の立場に立ちかえる可能性もあるだろう。


公明党は解党をした方がいいでしょう
そして利権集団ではなく新しい宗教団体の創価学会として出なおした方がいいでしょう。
 天台宗空也派の祖にして醍醐天皇を父親に持つとされる、空也上人の言葉に 「 山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」 というものがある。
本来は、仏の悟りを得る機縁、成仏の機会としての解釈なのだが、一般社会では窮地から脱し、そして安泰を得るほう
AutoPage最新お知らせ