2006/12/14

ネックの調整しました。  

クリックすると元のサイズで表示します

愛器LL−36です。微妙に弦高が気になったのでネックを見たらちょい順反りしてたんで、ネックを調整しました。
こいつは不思議なギターで昨年の2月28日、偶然、故村下孝蔵さんの誕生日に僕の手元に届きました。
それから半年後の8月。なぜか突然、松山で開催された『村下孝蔵メモリアルコンサート』での「村下孝蔵バンド」の前座にこのギターを持って出演することになりました。
また、その日たまたまメモリアルコンサートに来ていた製作者のS氏にもお会いすることができ、いろいろとお話しすることができました。S氏は村下さんのステージ用のギターのメンテナンスを担当していた方。
考えてみたら、すべてが奇跡に近い出来事ばかりなんですよね。
だから、このギターは何があっても一生手放せないギターのように感じています。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ