2006/2/20

松山に行きました。  

クリックすると元のサイズで表示しますカミさんの義父さんに譲ってもらったカローラが、走行距離160000キロを超え、そろそろあちこち気になるところも出始めたし車を乗り換えることにしました。といっても中古車です。いや新車買いたかったんだけど、去年の夏のシロアリの被害で家の修理費にかなりお金使ったんで、程度のよい中古車にすることにしました。車はホンダのオルティアという車。実車を見せてもらうまでそんな車種知らなかった。。。知り合いからの個人売買だったんで、一桁万円で譲ってもらった。「車なんか走りゃ何でもいい。」って思ってるからこれでいいのだ。でも、愛犬を乗せれることと買い物が便利そうなんで、けっこうお気に入り。そんなわけで、ナンバーと名義変更しなきゃならないので、松山の陸運局まで行くことになりました。橋を渡って100キロ近く走って・・・けっこう遠いから大変だ。でも車屋さんに委託したら5万円くらいかかってしまう。それなら温泉旅行がてら行ってしまえ!ってなわけで行ってまいりました。
午後イチにナンバーをもらって、その後は昼食タイム。
クリックすると元のサイズで表示しますそのまえに「杖の淵公園」に寄り道です。そこで日本の名水100選に認定されてる「杖の淵」の水を汲むためです。この水で入れたお茶やコーヒーを飲んだりらもう水道水なんかで入れたものなど飲めません。この水でご飯を炊いたらすごくおいしいのです。そうそう、この「杖の淵公園」には園内に池というには美しすぎる・・・・「泉」と呼ぶのが相応しいような池があって、泳ぐ魚の群れや水草まで見えるくらいの透明度。僕はここで初めて水草が光合成によってプクプクと酸素の泡を一斉に放出してる様子を見ることができました。趣味で水草水槽をやってた頃は、水槽内で人工的に環境を整えて無理やりさせた光合成は見たことあるけど、屋外で実際に見たのは初めてでした。それくらい水も澄んでるわけであります。水を20Lタンクに2個汲んで、えっちらおっちらと駐車場の車まで運んでその後、やっと昼食です。
クリックすると元のサイズで表示します
今回は、地元の人に教えてもらったおいしいうどん屋さんへ行ってきました。場所は、昨年の「村下孝蔵メモリアルライブ」のときにみんなで一緒に行った「ていれぎの湯」から川内方面へ少し車を走らせたところにある「耕庵」というお店。さすがに地元の人のおすすめだけあって、んまかったです。今回は寒かったので暖かいの食べたけど、今度行ったときは冷たいうどんを食べてみようっと。



0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ