2007/6/4

帰って来たGibson  

クリックすると元のサイズで表示します
じゅうぶん試奏して買ったものの、しばらく弾いてるうちに、どーも色々と気になるところが出てきたので、ギターを調整に出しました。
それが今日やっと帰ってきました。
預けて3日ほどで出来あがっていたんだけど、なかなか取りに行けなかったわけなんだけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
気になったのは、ナットとサドルのバランス。
どうも全体的な弦高が気に入らなかったので、ナットを作り変えてもらった。
同時に溝の間隔も変えてもらった。前のままだとセーハコードを多用する演奏のとき、たまに1弦がフレットから外れたりしてた。それで内側へずらしてもらった。
もともとちょっと溝が外側過ぎたみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
画像じゃわかりにくいけど、弦高は12fで3ミリ弱。
クリックすると元のサイズで表示します
フレットも全体的に擦り合わせてもらって、これでずいぶん弾きやすくなりました。
音の方も、以前はちょっと不安定な感じがしてたけど、バランスよく落ち着いた音になりました。(^^)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ