2006/7/5

もう帰って来れないだろう・・・  

最近よく耳にする言葉です。
島はここ数年急速な高齢化と過疎化がすすんでいます。そのため一軒家に、一人で暮らす老人が多いです。
仕事してて、ふとその家の庭が荒れてることに気づき
「あれ?庭に草が生えてえらい荒れとるね。そういえば最近ここの家のじいさん見かけんけど、どうしたん?」と訊けば
「少し前に脳梗塞で倒れて入院しとるよ。」
「そりゃ気の毒じゃね。庭もこんなに荒れて。。。で、息子や孫は近くに住んでるん?」
「いや、都会へ出て暮らしとる。」
「そりゃぁいけんね。じいさん早よう退院して帰って来んとね。」
「いやぁ、もう寝たきりらしいし、もう生きてこの家に帰ることは叶わんじゃろう。」
というような会話が多くなりました。なんかそんな話を聞くたびにブルーな気分。

今からこんな心配してても仕方ないのかもしれないけど、子供のいない我が家も年取れば(年取らなくても)、いつかはどちらかが先に死んでどちらかが後に残されるわけで、残された方も死んでしまったら・・・。
都会なら、そうなる頃には土地ごと売っちゃうんでしょうね。でもこの過疎の島じゃ売れないだろうなぁ。
まぁいいか、死んだ後のことは死んでから考えることにしよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ