2006/4/9

兵庫県新温泉町湯村温泉に行ってきました。  

【4月4日】
クリックすると元のサイズで表示します

東北歌会の帰りに、湯村温泉に行ってきました。
ここまで帰ってくれば、家まではわずか300キロだから、ちょっとのんびり出来ます。
ここに来たのは、村下さんの手形と自分のギターを並べて写真を撮りたかったことと、足湯を楽しみながら荒湯で茹でた温泉卵を食べたかったこと。

クリックすると元のサイズで表示します

荒湯で卵を茹でているところです。こうして網に入れて温泉に浸けてたら12〜15分で食べごろに茹で上がります。
ちなみにサツマイモは25分くらい。普通に蒸しただけならたいして美味しくないサツマイモみたいだったけど、ここで茹でたらとても美味しいから不思議です。
クリックすると元のサイズで表示します

茹で上がった卵とサツマイモをこうして足湯を楽しみながら食します。
小川の流れを眺めながら、ぼ〜〜〜っとするのもいいですね。
この足湯や荒湯のあたりは地熱の温度が高くて、素足でタイルの上を歩けないくらい熱いのです。温度の高いところは犬も歩けないから、まるは水路を歩かせました。
クリックすると元のサイズで表示します

これが 歌人 村下孝蔵さんの手形です。日付が1999 5 28になっています。亡くなるちょうど1ヶ月前くらいの日付なので、なんだかちょっと複雑な気持ちです。
クリックすると元のサイズで表示します

向かって左側に沢田聖子さんの手形もあります。詳しくは調べていないのですが、お二人はジョイントコンサートか何かのイベントで一緒に湯村温泉を訪れたらしいです。
僕は湯村温泉に来るのは今回で3回目なんだけど、沢田さんの手形と並んでることは今回初めて気がつきました。(天然)
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ