2006/4/8

湯たんぽ  

クリックすると元のサイズで表示します

東北遠征中、宿泊はすべてオートキャンプでした。だから宿泊費はゼロ。
全部宿に泊まってたら破産してしまいますもん。それにETCの深夜割引を利用して深夜に移動距離を伸ばす作戦だから、宿に泊ってたんじゃ距離も伸ばせないし交通費も高くつくのです。

クリックすると元のサイズで表示します

でも今回の遠征は寒波の来襲で寒かった。。。。その寒い中を東北へ向かうのだから真冬のオートキャンプとなりました。
車中泊では、事故があってもいけないしまわりに迷惑になってもいけないのでエンジンを止めて寝ます。そうすると明け方あたりは、けっこう車内は冷えます。人間は布団被って寝るからいいのだけど、可愛そうなのは愛犬まる。
だから毎晩こうしてお湯を沸かしてケージ(檻)の中に湯たんぽを入れてやります。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、この犬は本当に変わり者で丸一日ケージの中に入れていても、「キュン」ともいわず、いい子して凄く幸せそうな顔して寝ています。車に乗るのが大好きでなのです。
パーキングエリアなどでは、写真のような状態を見て「あらぁ〜狭い中に入れられて可愛そう・・・」なんて言うおばちゃんがいたりしますが、車の中で自由にさせておいて万一事故でもあった場合、一番悲惨な目に遭うのはシートベルトをしていないペットなのですよね。それに、運転中に犬が何かパニック起こして暴れたりしたら、それが事故の原因にもなりかねないのです。
ときどき走る車の窓から顔を出してるワンちゃんを見かけることがありますが、「飼い主は、いったい何を考えてるんだ?」と思ってしまいます。「仮に、あなたは自分の子供が走る車の窓から顔を出していても平気なの?犬ならいいの?」と訊きたくなります。ワンちゃんのことを思うなら、あれはやめて欲しいですね。

とまぁこんな感じでいつも愛犬とのオートキャンプの旅を楽しんだおります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ