2006/3/22

親愛なる友へ  

クリックすると元のサイズで表示します
マイク届いたよ。今夜テストしてみるね(^_^)v

昨夜はここまでしか書いていなかったから、知らない人が読んだら何のこっちゃ?だったでしょうね。(^^;
実はこのたび、山梨の親切なお友達が「プレイヤーズ王国」に登録している僕の作品の歌声を聴いて不憫に思ってくれたようで、「今のところ使う予定無いから使ってみてよ。それでいろいろ試してみて、今度自分で買うときの参考にしてね。」と、その方がお持ちのマイクを送ってくれたんです。なんていい人なんでしょう。いやぁ〜持つべきものは良い友達ですね。感激だったよ。感謝。
で、そのマイクをテストしてみました。
一番下のが今まで使っていた3800円くらいで買ったBEHRINGERのマイクなんだけど、それと比較していいものかちょっと疑問だけど、まぁそれと比べてみて一番上のSHURE SM58は、似てるといえば似てる音質だけどすごくハッキリ鮮明に音を拾ってくれますね。BEHRINGERでは低い音域が割れて不鮮明になる部分がSM58ではきれいに乗ってくれて、まるで今まで自分が持っていなかった声の成分が上乗せされたような感覚です。
それくらいマイクを通しても生の声に近い音がモニターから返ってくるから自分の発声してる声と返ってきた声とが重なって、最初は音を拾いにくいマイクなのか?と思いました。でも音量的にはじゅうぶんに拾ってくれてるんですね。
ライブハウスではSM58を備え着けてるお店が多いんだけど、これってライブハウスでときどき自分の声が出てないように感じるあの感覚と同じなのですね。ライブハウスではカラオケBOXみたいにエコーなんてほとんど効かせないないから、もろ生声のまんまですもんね。
次に生ギターの音を取ってみたら、低音が強いですね。ズカズカズカズカって感じの丸くて太い音になりました。

んで、2段目のがSHURE BETA57Aです。このマイクはSM58に比べて、低音域は少なくて全体的にシャープな音で、声もギターもシャキシャキした感じですね。個人的には、ギターの音はこちらの音が好きです。ボーカルはSM58が好いかな。でも会場によってはBETA57の方が良いこともあるかもしれない。
だからどちらも1本づつ欲しいマイクですね。
そうそう、両方のマイクに言えることなんだけど、歌い難いマイクでもありますね。ごまかしが効きません。ちゃんと歌わなきゃなりません。
でもちゃんと歌えたときは、安物のマイクじゃできない表現が出来ると思います。簡単にいえば、このマイクで歌の練習をしてたら自然に歌が上手くなれると思います。楽器でもバイクでも何でもそうだと思うけど、上達するためには出来る限り良い道具を手に入れるべきだと思いました。



0

2006/3/22

苦手なんです。  

クリックすると元のサイズで表示します無線LAN取り付けました。回線が変わってから、ここんとこずっとあれこれとパソコンの設定作業に追われてます。パソコンもデジカメもホームページ作成ソフトも買い換えたから、もう大変。
こういう作業が好きな人には楽しくて仕方ないんだろうけど、ワシはこういうの苦手だから頭痛いよー。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ