2019/5/28

2年ぶりの北アルプスが見えてきた  短歌

先週末は1泊2日で福井県にある荒島岳に登ってきた。この山は標高こそ1524mしかないが、れっきとした日本百名山の一つである。登山口からの標高差も1200mあるので、なかなかタフな山として知られている。今回は同い年の登山仲間・飲み仲間である4人会のトレーニングとして実施した。

京阪の八幡市駅前に集合して、私のマイカーで越前大野市の登山口へと向かう。快晴の高速道路は渋滞もなく快調に進んだのだが、肝心の登山口がなかなか見つからない。それもそのはず、実はこの山に登るのは15年ぶりだが、登山口の表示が傷んだままになっていて大阪方面からは見えなくなってしまっていたのである。

20分くらいのロスタイムを取り戻すべく、ストレッチもそこそこにして早速登り始める。元スキー場のゲレンデであったコンクリート製の急坂を登り、どんどん高度を上げていく。15年の間に木々が成長したおかげか、前回はなかった木蔭道がありがたい。30分に1回の休憩や昼食をはさみながら高度は見る見る1300mを超えた。

年初からの自主トレーニングのおかげか、足と心肺能力には自信が戻ってきたのだが、1年半前の腰椎圧迫骨折の後遺症であろうか先日来出てきた腰の痛みが顔を出し、休憩をお願いする回数が増えてくる。下山時刻と帰路の運転を心配した親友が、登頂を断念し引き返すことを提案してくれたのでありがたくそれに賛同した。

そういうわけで山頂までには至らなかったのだが、それでも標高差で1000m以上の実績は久々のものである。これで2年ぶりの北アルプス登山へ挑戦する見通しがついた。行き先は北アルプスの名峰「薬師岳」とそこから南へ下り新穂高へと至るトータル7日間のアルプス西銀座縦走コースである。

8月の本番までには唯一最大の課題である腰痛を克服して、何らの不安なく今回の遠征登山を成功させねばならない。そのため、明日はカリスマ鍼灸師の治療を受ける予約も済ませた。目的達成のため頑張るぞ!

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ