2018/9/30

日経新聞の「大機小機」欄について  短歌

日経新聞を読み始めてからもう50年近くになる。購読料は一般紙よりも少し高く4900円だが、昨年の値上げ前の4500円としても50年では240万円も支払ったことになる。結構な金額に少し驚くが、この新聞では色々なことを学ばせてもらった。

その中でも、最近気に入って必ず目を通しているのが、マーケット総合欄の「大機小機」というコーナーである。何人かで分担して毎日掲載されているのだが、これがなかなか楽しい記事が多いのである。マーケット欄というのはつまりは株式の欄なのだが、個別の株式や企業についてではなく、名前どおり政治や経済に関する大きな視点からのミニ社説のような感があるのがいい。

先日のタイトルは「エダノミクスとコドモノミクス」で、政権に対する野党の経済政策を2つ紹介したうえで、その2つに共通する問題点を明快に述べていた。昨日のそれは「安倍氏、最後の政権カレンダー」で、自民党の総裁に3選された安倍総理の任期は3年だが、任期までの間には参院選や衆院選があり、その成り行きによっては実際は2年で交代ということもあり得る、という内容であった。

このように、通常の政治欄では書けないような思い切った内容が書かれているのが実に面白い。建前ではなく、言わば本音が述べられているのである。

今やどの新聞を読んでも同じトーンで統一され、横並びの感が強いが、こういう小さな欄に本音を出すだけでなく、もっと本編においても責任をもって本音を出し各紙の特徴を出してもらえないものだろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ