2016/2/28

名医の条件  短歌

先日久しぶりに風邪気味になったので、早い目の対処を心がけて近くのかかりつけ医を訪ねた。予約なしだったのでかなり待たされたが、通された診察室はそのクリニックの院長の室だった。五十代後半と思われる院長とは、母親の診察に何度か付き添っているので顔見知りではある。

院長はまず、どんな自覚症状があるのか、それはいつからかなど、私の症状を詳しく聞いていく。そのうえで、喉の奥を見たり背中に聴診器を当てて肺の音を確認したりする。そのあとは、咳や啖、水鼻などの症状のうちではどの症状が一番辛いですか?と聞いてくる。さらには、素人にもわかりやすいことばで症状や薬の処方方針を説明してくれた。その結果もらった薬は言わば私専用の薬のようなものであるから、丸一日後には風邪の症状はみごとに治まっていた。

もとより医師や医療というものは、「手当て」ということばが表すように患者に手を当てて病気を診ることである。ところが現実には、患者を見ずパソコン画面ばかり見て、検査結果の数字データばかりを診断の基準にする医者の何と多いことか。その傾向は特に若い医者に多く見られる。それは、数字など目に見える指標を大切にしすぎて社員の意欲や士気など目に見えないものをないがしろにしている最近の企業経営のあり方に似ている。

これに対して思い出すのは、東京慈恵会医大を創設した高木兼寛博士のことである。海軍の軍医であった彼は、世界でまだビタミンが発見される前に、兵士に蔓延した脚気(かっけ)の原因が食生活にあることを突き止めて、麦飯に切り替えたら脚気がなくなったという功績により男爵に叙せられ、周りからは「麦飯男爵」と呼ばれた人物である。これは同じ時期に陸軍の軍医をしていた森鴎外達が必死で顕微鏡を覗いて病気の原因を突き止めようとしていた動きとは対照的である。

彼の残した有名なことばに「病気を見ずして病人を診よ」というものがある。これは医者の心構えの原点とも言うべきことであり、またこれこそが名医の条件とも呼べるものではないだろうか。身の周りに名医がいることを知り、ありがたいことだと感じた。

「ものごとの結果と原因見極めよ取り違へるは本末転倒」

「一流の人は難事を平明なことばで語る人を指すなり」

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ