2013/3/31

故郷での一人ぼっちの飲み会  短歌

母校大学からの要請に基づいて、OB会の就職支援実行委員会の副委員長を引き受けてから二年目を迎えた。今年は、大阪市内にあるOB会の支部会館でのカウンセリングに加えて大学に出かけてのカウンセリングも毎月1〜2回ずつ担当することになったので、合計で4〜5回くらいは和歌山に行くことになっている。

普段は日帰りだが先日は別の用件があったため宿泊することにした。和歌山城のすぐ西側の国道をはさんだところに建つ9階建てのビジネスホテルの窓からは、お城の天守閣が眼前に迫る。昼間もいいが夜はライトアップされてひときわ美しい。私が訪れた時は桜の花もまだつぼみ膨らむという状態であったが、3月末となった今ごろは城内では満開の桜祭りが開催されていることであろう。

今回は何となく友人にも声をかけず一人で夕食を摂ることにした。思えば、出身地の和歌山市で一人で飲むなんてことは初めてのことである。ホテルから歩いて10分くらいの県庁前に出てみたら、昔は有名な喫茶店があった場所は居酒屋に代わっていた。地元で水揚げされたと思われる鮮魚がたくさんメニューを彩っている。

料理はもちろん地元の食材を中心にいくつか頼み、お酒も地元の酒蔵の日本酒を二種類飲み比べてみた。全国どこでも共通していることだが、地元の料理は地酒とは不思議に相性がよいものである。ましてや自分が生まれ育った和歌山のそれらは、これが自分のふるさとの味かと思うと理屈抜きでうまいと感じる。

翌朝は、用事を済ませたあと市内のほぼ真ん中にある我が家の菩提寺へ出向き、父親の眠る墓にお参りをしてから帰宅の途に就いた。5年前に実家を処分し本籍地も昨年生駒市へ移した身には、ゆったりと時間の流れるようなこういう小さな旅もまたロマンチックでいいものだなあと感じた。

「ふるさとを一人旅するひとときは懐かしくあり面映ゆくあり」

「一人行く生まれ育ちしふるさとよ我が青春を過ごせし町よ」
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ