2013/2/20

10日間天気予報  短歌

昨年からだと記憶しているが、天気予報の予報期間の長期化が認可され、週間予報つまり7日間の予報が10日間まで許されることになった。

今でも、テレビなどの天気予報では7日間の予報が継続されているが、ウェザーニュースなど民間の予報会社のサイトでは既に10日間予報が実施されている。

別に天候に左右される仕事をしている訳ではないのでそれほど長期の予報の必要性はないのだが、それでも山登りや旅行の計画があるときなどは少しでも先の天候がわかるに越したことはない。

それよりも驚くのは、10日先の天候まで予測できるほどの科学技術の進歩である。特にどこかの家電メーカーと違って、技術のための技術ではなくきちんと顧客のニーズを見極めた技術であることは評価したい。

「これまでの常識破りの技術かな天気予報の長期化進む」

「七日より十日先まで見通せる科学技術の恩恵嬉し」
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ