2012/9/7

どこを向いて政治をしているのか  短歌

昨日のニュースで、経済界と労働界の首脳陣が今の政治のあり方に対して緊急提言を行ったことが報じられていた。最近の政治や政局の動向に危機感を覚えたのであろうが、全く同感であり共感できる。

財政再建、経済活性化、震災復興、教育界の諸課題、TPPへの早期参画などかつてないくらいの課題山積の中で、それらを放置して党利党略や自己の利益のために動く議員や政党ばかりなのは誰だって許せるものではない。

当初は自己中心の代表格の小沢だけであったが、最近は完璧な野党に成り下がった自民党だけでなく政権与党である民主党までもが浮足立ってこの動きに同調しているのは見ていられない事実である。

政権交代の少し前から続く短命内閣に対しては、諸外国はもちろん日本の国民の多くが呆れ果て、諦めの気持ちと怒りの気持ちを感じていることは間違いない。

そこに、親の七光りでやっと議員になっただけで大きな組織のマネジメントの経験すらない「過去の人」や、大事な局面で総理大臣の職を投げ出した「国賊」とも言うべき人物までが総裁選挙に出ようとしているのだから、国民を舐めているとしか思えない。

さらには、そういうていたらくを糾弾し姿勢を改めさせるべき立場のマスコミまでもが逆にそれを煽り立てる役割の中心にいるのだから、日本の将来には悲観的な見通ししか感じられない。

こう感じているのは私だけなのであろうか。

「トップにはなりたい人が就くでなくなるべき人を就けるが道理」

「この国の未来を託せる人は今いずこで何をされているやら」
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ