2012/5/31

久しぶりの石鎚山  短歌

先日、1泊2日の行程で西日本最高峰として有名な四国の石鎚山(標高1982m)に登ってきた。メンバーは所属する山歩きの同好会「名山会」の4名である。私自身は10年ぶり4回目の石鎚山だが2名は今回が初挑戦なので、今回の担当リーダーである私の責任は重大である。

新大阪駅から新幹線と在来線の特急を乗り継いで愛媛県の伊予西条駅に着き、そこからはバスで1時間弱乗り、ロープウェイで7合目くらいにあたる成就(じょうじゅ)まで運び上げてもらう。やっとそこから石鎚山の全容が見え、喜びの声と共に宿に入る。この日は前夜祭よろしく持参の焼酎とウィスキーで盛り上がった。

翌朝は天気予報どおりの快晴である。5時半から朝食を摂り6時には出発した。ここからは一旦100m余り降ってまた登り直すという少し変わったコースである。少し歩き慣れたころ「試し鎖」がある。ここは山頂手前の3つの鎖場のための前哨戦なので全員で約70mの鎖を登りそして降る。足だけでなく腕の力も試されるところである。

そこは難なく通り越したので、山頂手前の絶壁にかかる3つの鎖もすべて何とかクリアできた。最後の鎖を登ったところが弥山(みせん)の山頂である。石鎚神社の頂上社に参詣の後、メンバーはさらに高い天狗岳に向かう。そこまでの稜線はまるで北アルプスのような険しい岩道である。よじ登るようにして天狗岳の山頂に立った。ここが西日本最高地点である。天狗岳への道はあまりに険しいので天候の悪い時には通行禁止となるため、私でもたった2回しか登れていない。

降りは今回も鎖場を迂回して普通の登山道を降った。快調に歩いていたらこの山も外国人が多いことに気づいた。イギリス人、フランス人、アメリカ人、中国人などで、留学生であったり英語の教師であったり大企業の技術系社員であったりと様々であるが、こんなところでも日本のグローバル化を痛感した。

時間的にも予定どおりの下山後は、ロープウェイ下のいつもの温泉で汗を流し反省会という名の一献会を楽しむ。初参加の2名も大満足なので、リーダーとしてのお役目は十分に果たせたようである。これで7月末の穂高岳縦走、8月の剱岳登山への自信を持つことができたし、挑戦意欲がふつふつと湧いてきた。石鎚山はやはり好きな山の一つである。

「石鎚のアケボノツツジを横に見てわれ鎖場に毅然と向かふ」

「そそり立つ天狗の峰の鋭さに武者震ひして挑む我らよ」

  登山道からの石鎚山の全体像
クリックすると元のサイズで表示します

  試し鎖のほか3ヵ所の絶壁の鎖場をよじ登る
クリックすると元のサイズで表示します

  山頂のさらに先にある「天狗岳」の威容
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ