2011/3/16

東日本大地震被災地の復興を願う  短歌

東日本大地震の発生を受け、繰り返し伝えられる被災状況を見聞きしていて、そのあまりの凄絶さのため、この1週間はブログを書く気にさえならなかった。

最も被害の大きい東北地方には親戚や知人はいないが、東日本に住む何人かの親戚や友人に恐る恐る安否を尋ねてみたところ、概ね「室内は上から落ちてきたものなどで散乱しているが、幸いにも命には別状なく被害も大したことはない。離れて住んでいる家族も無事が確認できた。」との答が返ってきている。

彼らが異口同音に言うのは「東北の被災者の方々と比べたら自分たちはまだ随分とましであり、こうして生きていられるだけでも幸せである。そう考えれば少々の不便やトラブルは辛抱できる。」ということである。確かにそうかもしれない。東北各県の被害の状況はそれほど悲惨である。

それに比べて、震源から遠く離れた関西の我々は、すさまじい状況の報道に接するにつけ、何か自分たちにできることはないかと実にもどかしい気持ちでいっぱいである。実際、知人達との間ではそういう会話が多く交わされている。さりとて自分が現地へ飛んで行くわけにもいかないので、せめてもの気持ちを義捐金としてお送りすることしかできていない。

よく言われることだが、人間というものはこういう修羅場でこそ本性や実力が現われるものである。その点で、一部の電力会社のひどい混乱ぶりを除けば関係者の方々の冷静な対応ぶりは見事である。諸外国もそれを認めると共に、日本と日本人への救援や各種支援の行動を早速起こしてくれていることには感謝しなければならない。ありがたいことである。

あとは、それぞれが自分の役割を早く見出してそれを粛々と実行していくことと、被災地の復興に向けて各自ができることを淡々と果たしていくことしかないのだろうと思う。

私にとって「3月11日」という日は、亡父の誕生日であり初孫の誕生日でもあったのだが、そこにまたひとつ別の重要な意味を持つ忘れられない日が加わってしまった。

「狭庭では白梅すでに咲き出すもみちのくの春いまだはるかに」

「震災の未曾有の被害映像にことば失ひ立ちつくすのみ」
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ