2010/6/30

近鉄電車に見習おう  短歌

二年半前に奈良県の生駒市に転居してからは、それまで40年間近くの京阪電車沿線から近鉄電車沿線になったので、景色だけでなく車内の広告や乗客の質まで何となく違う気がする。先日も、社内吊りの広告に写真と共に「生駒山の下を抜けるトンネルが開通してから100周年」という記事が出ていた。大阪と奈良を結ぶ鉄道のニーズは高かったのだが、当時は生駒山の南側の王寺町を迂回する国鉄(現・JR)しかなかったので、住民は不便を強いられていたそうだ。そこで近鉄の前身である大阪電気軌道会社の岩下清周社長が一大決断のもとに1911(明治44)年に着工したものである。

当時は、貫通トンネルという難工事よりもケーブルカーでつなぐという現実的なプランのほうが社内外で有力であったそうだが、岩下社長が「いや、将来に備えてできるだけ短時間で奈良と大阪を結ぶべきだ」と主張して現在のトンネルができたそうである。しかし工事は、地形の複雑さと湧水のために予想外の難工事となり、1913年の落盤事故では152名が生き埋めになり20名の犠牲者が出るなど、大きな事故に何度も見舞われながら3年の歳月を経て完成されたそうだ。

それが今から100年前だというから驚きである。先見の明というか、視点が高いというか、真に国民や市民の幸福や利便を考えていたのだなあと改めて感謝の念が湧いてくる。まさに「やるべきこと」や「あるべき姿」を考えていた一例といえる。それに引き換え、学級委員でもないのに1年ごとにコロコロ変わる今の政府や、党利党略のためにお互いに足の引っ張り合いだけしかしていないどこかの国の政党は見習うべきであろう。郵政よりも、いっそ国のほうを民営化したらどうか、などという極端な意見にも耳を傾けたくなるくらいである。

おかげで最寄の一分駅から2つ目の生駒駅からは大阪市の鶴橋駅まで快速急行ではノンストップの16分、大阪南部の中心地なんばまでも21分で行けるからありがたい。おまけに昨年からは阪神電車と相互乗り入れのおかげで甲子園球場へも、神戸の三宮までも乗り換えなしで行けるのである。近鉄電車は頑張っているなあ。これからも応援して、もっと乗客サービスの向上を期待しよう。

「百年の先を見越した計画のロマンを国も見習ふべきや」

「沿線を知れば知るほど愛着の度の深まりて誇る我が町」
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ