2010/2/28

人事部長の役割  短歌

人事部長の役割とは何だろうか?経営者の片腕となること、人事という仕事を通じて業績向上に貢献すること、従業員を元気にすること、人に関する問題を解決すること、そのための制度や仕組みを作ること・・・、色々な意見が出そうだが、どれが正解なのだろうか?

実は、そのどれもが正解だし、どれもが十分な正解ではないと思う。卑怯な言い方かもしれないが、時と場合によりそれは変わるし、会社の置かれている環境によっても変化するものだと思う。言い換えれば、人事部長はどんな環境や状況にも対応できなければいけないし、そのための能力や判断力が求められるのである。

ひと昔前なら、優秀な人材をいかにたくさん採用できるかが人事部長の主な評価尺度であったのに、最近では給料の高い人をいかにたくさん退職させるかが評価尺度になっている感すらある。

ところがその結果はどうだろう。ダイヤモンド誌の最新号によれば、日本を代表する国際企業であるあの電機メーカーももうひとつのライバルメーカーも、韓国のサムスンに比べたら企業力は格段に劣っている。しかも例えば企業の時価総額は2003年ころには逆転していたし、今では両社の3倍にまで到達しているというショッキングなデータが掲載されていた。激戦の薄型テレビの世界シェアも両社を足しても届かないくらいだし、米国特許登録件数にしても両社の合計をしのいでいるそうだ。

もちろん、それは人事部門や人事部長だけの責任ではないが、人事の責任は大きいと私は思う。ある時期は経理と共にリストラに注力せざるを得ないこともあるだろうが、私に言わせれば、いつまでそればかりやり続けるのかということである。「破壊と創造」の「創造」は、開発部門や人事部門など創造性を担当する部門がやらないと企業風土や従業員の士気は何にも変わらないのではないだろうか。両社をはじめとする日本を代表する企業の人事部門は21世紀にも発展し続ける企業づくりの解を早く見つけて普及させる義務を負っているのではないだろうか。

「いつまでもリストラによる短期的効果に甘へず」

「人事とは採用・給与・リストラをやるのが仕事と勘違ひすな」
2
タグ: 人事部長 役割



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ