2021/9/5

骨髄異形成症候群について  短歌

落語家の笑福亭仁鶴が84歳で亡くなった。死因は骨髄異形成症候群であった。芸能人では、かつて歌手の本田美奈子も同じ病気で亡くなっている。

私がそれを気にするのは、実はこの私も骨髄異形成症候群を抱えているからである。詳しくは、血液の中の白血球と血小板の量が基準値より少ない病気のことである。免疫力が弱くなるので一般の人より感染症に留意することが肝要である。血液を造る骨髄に機能不全があることが原因だとされている。

私の場合は、それが判明したのは今から20年くらい前のことである。ただし自覚症状はなく、飲酒や激しい運動などを禁じられる行動制限もなく、投薬も受けていない。

だから、日ごろは病気のことを意識することはほとんどないのだが、この病気で亡くなったという報道に接する度にやはり思い出してしまう。また、3年前の腰椎圧迫骨折の後遺症で未だに腰痛が治り切らない現状も、私の弱気に繋がっている気がする。

今さらながら、健康管理の重要性と人生の無常を感じる今日このごろである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ