2021/4/12

後世に残る仕事をができて幸せだったなあ  短歌

現役会社員の時代に手がけた仕事の中で今も残っていている仕事が2つある。それは半導体IC回路研修と健康イキイキ教室である。

前者は、三十代初めに技術本部時代に手がけた仕事である。微分積分を中心とする数学的な内容により電気電子系の理系新入社員に半導体IC回路の基礎を教える研修を開発してもらい、その後は社長の指示のもとにそれを現役の技術者にも広く学ばせる事務局を担当したのだが、それが後には同社のホームページを通じて社外にも販売されていたのを知った。驚きとともに、そういう仕事に関われたことに対して思わず小さなガッツボーズが出たことを今も鮮明に記憶している。

後者のほうは、同社での最後の職場である健保組合での保養所での仕事である。宿泊利用者数が伸び悩んでいた時、利用状況の数字を分析してみたら平日の利用が極めて少ないことがわかった。平日にでも宿泊できるのは定年退職者とその家族しかいないので、その人達に喜んでもらえるメニューとして開発したものである。内容は施設によって違うそれぞれの特性を生かしたものであった。

例えばチャペルを持つ保養所では、そこで季節に合わせた懐かしの童謡やクリスマスキャロルを聴いてもらい最後の数曲は宿泊者にも一緒に歌ってもらってから夕食に入るとか、茅ケ崎の保養所では昼間に近くの浜辺で地引網を体験してもらい、そこで獲れた新鮮な魚を夕食に提供する、翌朝は江の島までのウォーキングを楽しんでから富士山を背景に記念写真を撮って記念品としてプレゼントするなど、主に体験型の内容であった。

言い換えると「モノ」ではなく「コト」でお客を呼ぶ仕組みを開発したものであったが、つい先日たまたま保養所のホームページを見たら、まだその仕組みが残っていたのである。

保養所に関してはこのほかにも、他の健保組合との相互利用を実現したことがある。東日本の健保組合と西日本である当社の健保組合が地域を補完する形で相互乗り入れを実現したもので、これは日経ビジネスにも掲載されたことがあり、結構長く利用されていた。

このように、後世にも残る仕事、新聞や雑誌にも掲載される仕事に関われたことは、私にとって担当者冥利に尽きるできごとであり、誇らしい小さな自慢である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ