2020/12/31

中央集権と地方分権  短歌

世の中には中央集権でやるほうがいいことと逆に地方分権でやるほうがいいことに分かれるように思う。要は、どちらかでなければいけないということではなく、ケースバイケースだということである。例えばコロナ対策にしても、国と知事との間で責任のなすり合いのような場面を見かけるが、これは国で一括したほうがいいことと各都道府県ごとに実施したほうがいいことが明確になっていないからである。

コロナ対策の一環で給付金の支給が始まった時に、自治体によって対応や支給時期がまちまちであったり遅かったことへの反省から行政システムの統合が打ち出されたが、これなどはシステムなのだからトップダウン式に国としての基幹システムをまず開発し、その概要を各自治体に示しつつ自治体が枝葉となるサブシステムを構築すべきなのに、それが真逆になって各自治体が先行して構築したシステムをあとから統合しようとしている。これでは手間と時間がかかり過ぎる無駄を生み、でき上ったシステムも複雑なものになり重たいものになってしまう。

同窓会においても同じことが言える。我が母校の同窓会の年会費は歴史的に各支部が徴収することになっているが、情報交換のために先日訪問した滋賀大学の同窓会では年会費は本部が徴収しているし、他の大学もほぼそのパターンが多いようである。そのメリットとしては、まとまった資金を活用して同窓会全体の施策として母校や学生のための支援策を様々に展開できるし、各支部は会費徴収という手間を負わなくて済む一方で本部から按分される割り当て金を自分の支部のためにも使えるのである。ところが、我が同窓会では今さらその仕組みを変えようとすると、たちまちに本部の強権発動に反対、という声が沸き起こってしまうから簡単には変えづらいのである。

およそシステムや仕組みというものは、あとから変えようとするともめごとのタネになるだけであるので、初期の段階で後々のことを考慮した枠組みを構築しておくことが重要なのである。最近のできごとからそういうことを学び直した。
0

2020/12/22

「山座同定」の楽しみ  短歌

山の名前を知ることの楽しみの一つに「山座同定」がある。実際に見えている山の名前を地図や自分の経験等から割り出して推定または確定させることを言う。それだけのことと言えばそれまでなのだが、山座同定に成功するためには数多くの山の登山経験と読図能力が求められるのである。

そのことのメリットとしては、例えば飛行機で日本アルプスの上空を飛んでいる時などに、山名を知らなければただ「ああ、雪をかぶってきれいだなあ」程度で終わる感想が「ああ、今年の乗鞍岳は積雪が多いなあ」とか「あの槍ヶ岳は岩峰が鋭いので今年も着雪が少ないなあ」というような感想になるのである。つまりは同じ景色を見た感想でも深みが違うのである。

同じことは、名曲を聴いて「ああ、いい音楽だなあ」で終わるのか「ああ、シューベルトのこの曲のここはこのオーケストラの演奏が最高だなあ」と感じるのか、に似ているかもしれない。要は、知らなければそれまでだが、知っていれば味わい方の深みが違う、ということなのだ。同じ楽しむのならやはり深い味わい方をしたいものである。学びの大切さというものはこういう点にも表れるものなのだろう。
0

2020/12/5

「水稲再生2期作」について  短歌

以前ここで2回にわたって「ひこばえ」のことを書いたが、それを読んでくれた高校時代の同級生からメールが来て11月26日の朝日新聞に「水稲再生2期作」の記事が出ていたよ、と知らせてくれた。「水稲再生2期作」とは、イネの再生力を生かして2回目の収穫をすることで、それが実用化できないかという研究があちこちで行われているらしい。

同じ水田で年に2回イネを育てる「2期作」は社会科の授業で習った記憶があるが、四国や九州などの温暖な地域を中心に昔から取り組まれてきたものの、労力的に厳しいことやコメの生産調整が続いたこともあってほとんど姿を消したらしい。

それに代わって今研究が進められているのが「水稲再生2期作」である。1回目の収穫後、刈り株から再生してくるイネ、すなわち「ひこばえ」を育てるものなのだが、それには温かな生育期間が十分に必要なため、九州などの温暖地域でしか実現は難しいようである。福岡県の試験田での実験では、3月から苗を育てて4月に田植えをし、8月に1回目、11月に2回目の収穫をしたそうである。

いくつかのパターンに分けての研究から分かったこととしては、1回目の刈り取り時期を遅めにしてかつ残されるイネの高さを高くした場合に一番収量が多かったそうだ。高めに刈ることで刈り株に残る多くの栄養分と葉が2回目のコメを充実させたらしい。

地球の温暖化がさらに強まれば九州以外の地域においても再生2期作の可能性は上がるだろう。また中国では既に研究が盛んで、地域によっては実際に農家でもやっているところがあるらしい。

「人生二毛作のすすめ」を著したのは外山滋比古氏だが、人間の二毛作についてももっともっと研究が進むといいなと考えた。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ