2020/10/25

「リーダーの役割」について  短歌

昨日はドリカム登山会の月例会で滋賀県の霊仙山という1084mの山に登って来た。登りの前半こそ小雨がぱらついて慌ててレインコートを着ることもあったが、後半から下山時にかけては天候はどんどんと回復していった。

そのお蔭で、琵琶湖の全貌のほか伊吹山はもとより、近くの長命山、三上山、対岸の比良山、比叡山、愛宕山まで望める眺望、広域なカルスト地形、青々としたブナ林、どれも見事な景色で、15kmを超えるロングコースにもかかわらず大満足の一日であった。

それだけの大満足が得られた背景には、担当リーダーのプランニング力があったことを特記しておきたい。8月の大雪山において、私は肝心のところで持病の腰痛が発症してしまい登頂を断念する事態になったが、そういう点などを加味した無理のないプランを組んでいただいたことが最大の理由である。

それに加えてその隊列である。朝一のミーティングで「トップはペースぺーカーのシュッシュさん」とご指名をいただいたが、その一言で私は自分の役割を認識できた。さらには、途中の滑りやすい難所で2回も私がミニ滑落するというトラブルもあったが、そんな時でもあわてず騒がずじっと見守っていただいた。お蔭で、登山時、下山時とも定刻通りに到着することができたのである。

任せたらギリギリまで信じて任せきる。これこそが、リーダーたる役割と行動であったと再認識すると共に、大いに感謝している。

思い返せば、大雪山の時にはタイムマネジメント役であったメンバーがそれを忠実に果たそうとし過ぎて、結果としてペースを乱された私がブレーキとなり山頂は断念して本隊から別れ、大親友がこれに同行してくれるという展開になった。

大雪山では私がブレーキになってご迷惑をおかけしたが、それは誰にでも起こりうることではないだろうか。ドリカム登山会というものは、各メンバーのそういう様々な事情を包み込むと共に、想定外のトラブルに遭っても、互いを信じて任せる、任されたメンバーはリーダーと全体のために全力を出し切る、こういうチームでありたいものである。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ