2020/5/13

危機を好機に変える  短歌

新型コロナ禍という非常時を機に、世の中の様々なものが変化を見せている。そこにはDX(デジタル・トランスフォーメーション)ということばまで生まれている。

先ずは働き方である。外出自粛要請に伴い、在宅勤務(テレワーク、リモートワーク)が急拡大している。またテレビ会議などWEBを使った会議や商談や営業活動も定着しつつある。これらにより、社員同士や上司と部下のコミュニケーションがかえって良くなったという報告も聞く。

ビジネスのやり方にも変化がある。営業自粛により売上げが激減した外食や地方の名物店の商品を、スーパーが扱うようになったり、ホテルや外食など人手が余っている業種から足りなくて困っている業種へ期間限定で貸し出す仕組みも始まっている。困っている人や企業同士が互いに助け合う、民間の知恵である。

また「非接触」という観点からは、PCR検査もドライブスルーという方法が見直され、野菜を栽培する農家もドライブスルー方式でせっかく作った野菜を無駄にしない知恵が生かされている。

生活のやり方も変わりつつある。オンラインでのランチ会や飲み会だけでなく、連休などに渋滞を覚悟で行楽地に出かけていくよりも時差で閑散期に出かけるようにしたり、自宅でいつもより少し贅沢な食事を楽しむという家族も増えているらしい。

これらの中には一時的なものもあるが、これを機に定着しそうなものもある。コロナに負けない人類の知恵と可能性に期待したいものである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ