2019/12/12

日本でもダイバーシティが進んでいるなあ  短歌

環状線の電車に乗っていたとき、ふと眺めた車中広告が目に留まった。それはある女子大学の学生募集の広告で、「2020年4月に建築学部誕生」とある。学科は建築学科である。広告には「女子大学初」とある。

最近は、様々な職業に女性の進出が見られる。それは、一般的な事務系の仕事やメーカーでの製品開発の仕事での増加だけでなく、ダンプカーの運転手や電車、タクシーの運転手など、これまでは男性の仕事と見られていた仕事においても感じられることである。

進出著しいのは女性だけではない。新聞で見かけるだけでも、いくつかの私立大学ではアフリカなど外国人の学長が何人も誕生している。私の母校である和歌山大学においても、今年4月から経済学部長に就任したのは北部アフリカのチュニジア出身の男性である。

ましてや一般企業においては、外国人の社長や役員、幹部はザラであり、社内の公用語を英語にした企業もあるくらいである。現に私の4社目の顧問先も、小規模ながら中国人女性が経営する人材関係の会社であり、男女2人の社員も中国人である。ということは、そこでは4人の内で私1人だけが日本人なのである。

このように、ふと気づいてみると我が日本でもかなりダイバーシティが進んでいることがわかる。そこに加えAIがどんどん進化して、単純労働だけでなくかなり複雑な事務系業務も担当するRPA(事務業務ロボット)も拡大しつつある。

何にも勉強をせずに旧態依然な仕事のやり方を続けていたら、仕事をなくす人が増えるなあ、と感じた。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ