2019/11/11

風流な会話を聞きました  短歌

得意先のお会社を出て帰宅中のJRの駅前交差点の信号待ちで、後ろから「今夜は十三夜やなあ」という声が聞こえてきた。振り返ると、60から70代の三人の男女が薄暮の空を見上げて話している。つられて彼らの視線を追うと、なるほどもうすぐ満月かなという大きさの月が出ている。

三人の話は「だとしたら明日は宵待ち月やなあ」という声が続き、別の男性が「いやあ、それは違うやろ。宵待ち月というのはまた別の月やなかったか?」と掛け合っている。

そういえば十六夜は「いざよい」だったなあ、とまでは思い出したが、「宵待ち月」については名前しか知らないことに気づいた。だから三人の会話には入り込めない。

帰宅後に調べてみたら、確かに「宵待ち月」は満月の1日前の月のことで、「待ち宵月」とも呼ぶし、満月を意味する「望月」に対して「小望月」とも呼ぶらしい。

さすがは人生のベテランの高齢者三名。とかくギスギスしやすい昨今にあって、何となく風流でほのぼのとした会話を聞いたものである。

1

2019/11/7

ひこばえ人生  短歌

恥ずかしながら、「ひこばえ」(蘖)ということばを知ったのは最近のことである。本来は樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のことらしいが、私が知ったのは稲を刈り取ったあとに稲の株から生える芽のことである。こちらのほうは、穭(ひつじ)または稲孫、二番穂とも呼ばれるらしい。

これを人に当てはめた場合、サラリーマンという第1のビジネス人生を終えて、その経験やキャリアや人脈を生かして第2のビジネス人生を送っている先輩社長や私の人生は「ひこばえ人生」と呼べるのではないだろうか。第1の人生の経験はノウハウは生かすが、決して第1の人生の延長線上ではないところが「ひこばえ」のひこばえたる所以である。

私の場合、独立起業してよかったこと、サラリーマン時代と大きく変わった点は次の3点である。@時間が自由になったこと(時間を柔軟に使える)、Aテーマを選べること(いやな仕事はやらなくてもよくなったこと)、B後輩たちの仕事を奪うのではなくむしろ彼らに活躍の場を提供できるようになったこと、である。

「人生100年時代」ということばが一般紙やテレビでも度々登場するようになった今、50代または60歳前後で定年などにより退職した人が、新たに独立起業する人が増えているという記事も目にしたことがある。近年の新規起業者の内で60歳以上の占める割合は意外に多いそうである。

だとすれば、今後はそうした人がますます増えるに違いない。比較的早い時期に「ひこばえ人生」を始めた我々がこれからそういうことを考える人たちのお手本にならねばならない。いやむしろ、そういう人生を送ろうという決断の背中を押してあげることや、そういう人生もあるのだよということを知らせてあげることも我々の役割なのかもしれない。

 我が家の近くの「ひこばえ」
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ