2019/10/18

患者の「うまく診てもらう能力」  短歌

北アルプス縦走を実現するために6月初めから通い始めたカリスマ鍼灸師の受診は今日で累計20回となった。おかげで、北アルプス後もいくつかの近畿の低山に登ったが、快調そのものであり、日常生活や仕事の上でも前向きに考え積極的に行動できるようになったのだから、ありがたいかぎりである。

今日も門真市の鍼灸院まで電車で1時間半近くかけて受診してきたが、そこでカリスマ鍼灸師から「北村さんは、患者としての、うまく診てもらう能力が高いですね」と言われた。

毎回の診察の前には「最近の様子はどうですか?」と問診があるのだが、私の回答が適切なため診察する側としては適切な処置ができる、という意味らしい。

そう言えば、先日の問診の様子は「同じ痛みでも最近のそれは湿布薬を貼れば収まるようなものに変わってきました」という私の答に対しカリスマ師は「ああ、それは痛みの原因が段々深いところから浅いところに移ってきているからです。もう少しですね」というものであった。

今日の問診の応答は「最近は腰痛を感じる時のほうが半分を切るくらいに少なくなったので、たまに痛みを感じるくらいになりました。またその痛みの種類は腰の奥のほうで、どーんと重いタイプです」に対して「腰のほうの治療はほぼ終わりかけているので、今日からは肩や背中など上半身主体に切り替えましょう」というものであった。

またこういうこともあった。ある日の夜は、いつもならベッドに入ってすぐに感じる背骨のギクッという激痛がなかったので、翌朝にその旨をメールで報告したところ、「わかりました。昨日はある新しい治療法を試したのですが、それが効いたのかもしれませんね」との返答であった。

なるほど、医師でも名医と言われる人はパソコン画面や検査データ表を見るだけでなく、手を当てること(手当て)と問診がうまいと聞いている。診察する側にも上手いと下手があるとすれば、診てもらう患者の側にも上手いと下手があるのかもしれない。片方だけで治すのではなく、双方が協力してこそ治療の効果があるのだなあと感じた。

同じことは、職場での上司と部下にも当てはまるような気がして、生半可なセミナーよりは得るものが大きかった半日であった。
0

2019/10/14

セミナー三昧の秋?  短歌

「食欲の秋」、「芸術の秋」、「スポーツの秋」など、秋を表す枕詞はたくさんあるが、今年の私にとっては「セミナー三昧の秋」という表現がピタリである。

今日も朝から、あるメガバンク主催の「人生100年時代フォーラム」というセミナーに大阪駅前まで行ったし、明後日は日経産業新聞の「人材採用、活用、組織づくり」のセミナー、その翌々日も京都で開催される出口治朗さんの「人生を面白くする本物の教養」というセミナーに行く。

本来はもう一つ友人が基調講演をする「エンゲージメント」のセミナーにも申し込んでいたのだが、人気があるらしく抽選に漏れてしまった。

こんな具合で様々なお勉強をやろうと意気込んでいたのだが、初手から出鼻を挫かれてしまった。というのは、今日のセミナーは併催の企業展示会に客を呼び込むためか、セミナー会場の定員の2倍の2000人以上の予約を受け付けていたらしくメイン会場に入れなかったのと、展示会主体の運営がなされていて興味をなくしたので、早々に退出してしまったのである。

やはり無料のセミナーには落とし穴があることを痛感した次第である。明後日も同じでないことを願いたい。
1

2019/10/10

川柳を楽しむ  短歌

半年くらい前から、全国規模の番傘川柳会という結社に属して川柳を始めた。きっかけは、町内の日帰りバス旅行に参加したときにひとつ前の席に座った人から勧められたことである。

川柳とは、五・七・五の17音で表現する日本独特の文芸であり、それには「穿ち(うがち)」と「滑稽」と「軽み」という3要素が持ち味であると言われている。「穿ち」とはウィット(機知)のことであり、「滑稽」とはユーモア、「軽み」とはペーソス(哀歓)のことであると教わった。

私にとっては、短歌は取り組みやすかったのだが、五・七・五のあとにさらに七・七と14音も付け加えられるだけに、なかなか言葉をそぎ落とすことができず、つい説明調、標語調の歌になってしまっていた。言わば、甘えてしまっていたのかもしれない。

その点、川柳は俳句と同じく甘えを許してくれないので、初手からいかに言葉をそぎ落とすかを考えるから、かえって私には向いていると考えたのである。川柳の句会では、与えられた宿題に応えるものと自由句とがある。今の私は、お題に沿ったものだけを詠んでいるが、最近の作品をいくつか下記する。

「卵でも資格を取ればみな先生」(卵)
「老体を世界遺産にたとえられ」(遺産)
「長寿とて喜び半ば薬漬け」(長寿)
「身についた早寝早食い直せない」(せっかち)
「知らぬ間に寝る子は育つ知らぬ間に」(育つ)
「少しやせご褒美食いでリバウンド」(痩せる)
「食べてすぐ寝ても牛には何故ならぬ」(昼寝)
「無理言うな七等分の西瓜切り」(西瓜)
「呉越とて利害一致で舟に乗る」(一致)
「かの国を治すカルテはないものか」(カルテ)

1

2019/10/1

創業10周年を迎えて  短歌

昨日で私が起業してから満10年、つまりは創業10周年を迎えた。早いものである。企業の10年間生存率、すなわち起業してから10年後も存続している確率は6.3%だそうだから、当社もその6.3%の中に生き残ったことになる。感慨深い。

そのころあの先輩社長は創業から既に1年半を経過して、大手企業をクライアントとして獲得し隆々と事業を展開していたが、この私にはその真似をできる力もないしやろうともしていなかった。とにかく、中小企業のお役に立ちたい、その熱い気持ちだけが日々の支えとなっていた。

当時の資料である「当社の事業コンセプト」を読み返してみると、モットーとして「あなたの会社のイキイキをサポートします!」と掲げている。そして「やりたいこと(Will)」と「できること(Can)」がそのあとに続き、「事業目的」は5W1Hで表現している。

そこから伺える私の「強み」は次の2点であった。
@大企業と中小企業の両方で人事の経験があること。
A社外での研究会活動を通じた広い人脈があること。

今振り返ってみても、それが人事顧問先を4社も獲得でき、それぞれ1年半、3年半、4年半、10年の間、契約を続けていただいている大きな要因になっているように思える。ありがたいことである。

11年目のスタートにあたって、言い古されたことばではあるが初心に帰ると共に、顧客先の「助っ人人事部長」としての役割を十二分に果たしていきたいものである。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ