2019/7/12

鍼灸治療は侮れない  短歌

先日はここで腰痛の悩みについて書き、少々諦めムードの心境を語っていたのだが、それでも2年ぶりの北アルプスへの思いは断ちがたく、昨日は先日来受診している鍼灸治療を受けに、1時間かけて門真市の鍼灸院を訪れた。

そこでは、正直にこの数日間で起こったことを伝えて、何とかあと1ヵ月少しで北アルプスに行きたいということを訴えたら、そのベテラン先生は、わかりましたとばかりにこってりと1時間半にわたって、鍼、灸、そして腰痛対策の筋肉トレーニングを指導してくれた。

終わってみると、何と腰の具合がかなり良くなっているではないか。効果覿面とはこのことである。嬉しくなって思わず「これでアルプスへ行けそうです」と叫んだら、先生からは「確かに今日1日で少しはよくなったが、明日にはまた少し戻ってしまいますよ。だからまだ焦ってはいけませんよ。先日も、ジムで調子が良かったからと、生駒山へ無理して登ったから腰痛が再発したのでしょ」と諭されてしまった。

確かに、先日は少々焦ってしまっていたのかもしれない。「急いてはことを仕損じる」ということばは頭では理解しているのだが、ついつい先走っていたのかもしれない。ここは先生の言われるとおりに、自重しながらも教えられた筋トレを毎日きっちりとやることだけに専念しよう。そうすれば結果は自ずとついてくるのだ、と信じよう。

そういえば、人材育成の仕事に従事しながら、同じようなことを他人に指導していたなあ、と「他人のふり見て我がふり直せ」を思い出した。十分、心しよう。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ