2019/5/23

もっと広い心を持とう  短歌

最近感じるのは、みんなもっと広い心を持とう、ということである。それは、譲る心であり待つ姿勢と言い換えてもいい。

例えば、混雑した駅で右側を並んで歩いていた人が左側へ行くために平気で私の前を横切って行くということがよくある。これは車の運転においても見られる現象である。

また、電車が着いた時に降りる人が終わっていないうちから我先に乗り込んで空いている座席に座ろうとする若者の何と多いことか。しかも座る先が優先席である場合などには唖然としてしまう。

これらの行動に共通するのは、譲る心と待つ姿勢、つまりは広い心を失っている人がいかに多いか、ということではないだろうか。衣食足りて礼節を知る、ということばがあるが、彼らには衣食が足りていないからそういう行動を取るのだろうか?

とにかく、ゆとりのない世の中になっている気がするのは私だけだろうか? 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ