2019/5/17

「自ら考える力」の育て方  短歌

最近「教えない授業」という本を読んで感銘を受けた。元々は、芸術作品についての情報や解釈などの「知識」を専門家や教師が一方的に伝えるのではなく鑑賞者自身の思いを尊重しグループでの対話を通して作品を味わっていく、1980年代にニューヨーク近代美術館で開発された「対話型鑑賞」という手法が原型だそうだ。

それを応用した授業の方法が「教えない授業」であるが、その特徴は先生が「教える」のではなく「問い」を投げかけることである。その質問も、「これは何ですか?」というような1つだけの答えを求めるものではなく、「これは何だと思う?」とか「どのように見える?」というような、様々な見方を引き出す問い、即ち「オープン・クエスチョン」である点だ。

またこれも最近の新聞で知ったのだが、偏差値40という東京都立ではほぼ最低レベルの高校から偏差値68の上智大学英語学科にストレート合格した学生の話が出ていた。その高校では「哲学対話」に力を入れているそうである。これは先般読んだ「考えるとはどういうことか」(梶谷真司著)にも出ていた、考える力の育て方そのものである。

両者に共通しているのは、いま学校教育に求められているのは「考える力」であって、知識を教えるという旧来型のものではない、ということである。だとすると、先般もここに書いたように「ゆとり教育」が本来目指していたものと見事に一致するのではないか。知識を教えるだけの教師の仕事はAIに取って代わられるが、「考える力」を育てる指導法は人間にしかできない。

90年代初頭に学習指導要領に「ゆとり教育」が登場してから30年近くなってようやくその実現のための効果的な手法が開発され実例がいくつも出始めているのは結構なことではあるが、何とまあ足並みが揃わないというかちぐはぐな発展をたどるものなのか、とも感じた次第である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ