2018/12/10

身長2センチ短縮を実感した  短歌

昨日から今日にかけて、城崎温泉に来ている。メンバーは高槻の事業所勤務時代の近隣の企業の総務部長、人事部長の面々である。目的は、言わずと知れた温泉とカニである。

これまではこの会の旅行といえばマイカーの相乗りが多かったのだが、新年会の時の私ほかの提案により、今回は長距離路線バスの利用となった。梅田からバスで3時間余りで城崎温泉に着く。便利なものである。

久しぶりの城崎温泉なので、七湯めぐりを楽しむことにした。とはいえ時間の都合もあるのでとりあえずは一番大きい御所の湯に入った。湯船に浸かって床に尻を着くと意外に湯の深さが深いことに気づいた。

しかしながら次の瞬間にはその考えが間違っていたことに気づいた。湯船が深いのではなく、私の身長特に座高が低くなったせいで、危うく湯を飲みそうになっただけなのである。

1月の腰椎圧迫骨折のせいで身長が2センチ短くなったことはわかっていのだが、短くなったのは座高であることを忘れていたのである。温泉水があわや口から入りそうになり、顎を上げてその事態を避けながら、ふとそのことに気づいたのであった。骨折の影響は様々なことに表れている。
0

2018/12/2

11ヵ月ぶりの生駒山  短歌

3日前に親友たちで編成する4人会で久々に生駒山に登ってきた。この山は今年の1月4日に同じメンバーで登ったのだが、山頂での新年バーベキュー会の後、下山途中のケーブル駅の階段で12kgを背負ったまま尻もちをつき腰椎の圧迫骨折をした因縁の山である。

とはいえ山には何らの責任はない。それはその通りなのだが、骨折をしてからというもの、ほぼ半年で骨折そのものは治ったものの、その間の運動不足からか腰痛は起きるわ坂道は怖くなるわで、憶病になったというか慎重になっていたのは間違いない。

しかしながら、先月中旬に大学OB会の歩こう会で兵庫県の三田市まで出かけて標高差300mくらいのアップダウンを2回、合計距離で約10kmを歩いてきたのだが足にも腰にも何らの違和感がなかったので、親友たちの励ましに応えて生駒山へ挑戦したのである。

ゆっくりのペースであったことも幸いしてか、結果としては今回も何にも違和感はなく登れたし、下山後3日経つが足も腰も痛くはない。ということで、11ヵ月ぶりの言わばリベンジ登山は大成功に終わった。下山後の駅前居酒屋での忘年会では、新春恒例の京都・愛宕山登山を決意できたし、来夏には北アルプスの黒部五郎岳への遠征のプランも浮かび上がってきたほどである。

やはり持つべきものは友・・・。毎月の私の健康のリバイバルプランにも付き合い、何かにつけて励ましてくれる親友の存在は大きいし、ありがたいものである。今回は特にそのことを再認識した。焦らず、しかし着実に北アルプス用の体力を取り戻したい。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ