2018/10/30

「東芝の悲劇」を読んで  短歌

メートル読書会の一環で「東芝の悲劇」という本を読んだ。感想としては、日本を代表すると言えるあの大企業において、こんな粉飾決算がまかり通っていたのかということである。しかも、それが代々の社長など経営トップが主導していたことに大きな衝撃をうけた。

粉飾決算とは赤字であるにも関わらず、子会社を巻き込んだ架空取り引きなどによって、さも黒字であったかのように飾り立てる、つまりは粉飾することである。およそ株式会社ともあろうものが、ましてや歴史も長く規模も大きく、世間的に著名な企業においてあるべきものではない。

しかも、その悪行が10数年にわたり何代もの社長にわたって行われたばかりか、諫言した経理責任者を脅したり更迭していたのだから、極めて悪質と言わざるを得ない。まさに「組織は頭から腐る」を地で行ったものである。

内容的に特に大きな問題は、アメリカの原子力会社であるWH社の買収に競り勝ったその会社が巨額の赤字を出して倒産したものを適正に処理しなかったことであるが、その根はずっと以前に遡るのである。

WH社の不正経理が浮上するかなり前から、パソコン部門や半導体部門の赤字を、子会社を経由した架空取り引きによって黒字に見せるという不正によって、同社のコンプライアンスはとっくに地に落ちていたのである。

言うまでもなく、これらの不正は目先の利益を優先して、やってはならない不正に手を染めたものである。気持ちはわからないではない。しかし、やっていいこととそうでないことをトップが、しかも巨大企業のトップが主体となって行うなど、言語道断である。

とは言うもののこの問題は、何も同社に限ったことではなく、他のどの業界でもどの企業でも起こり得ると感じたことが最大のショックだったかもしれない。
0

2018/10/20

「3じ成長論」とは  短歌

私は最近、よく「3じ成長論」という自説を話すことが増えた。「3じ」の「じ」とは、「実績」「自信」「実力」のことである。仕事でもスポーツでも、何らかの実績が出せたらその人の自信につながり、自信を重ねればそれが実力へとつながる、という考え方である。

例えば、母校の硬式野球部もそうである。昨年春の1部リーグで初優勝したあと昨秋と今春のリーグ戦は惨憺たる結果であったが、今秋のリーグでは何とまたまた2度目の優勝をしてしまった。彼らのプレイを見ていると、かつての常勝チームに対しても物怖じせず堂々としている。

個人にしても同じである。顧問先の管理職候補者でも、小さな実績を挙げた人は次第に自信を持ち始めるのがよくわかる。自信を持った人は、そういう状況を続けているうちにそれが当たり前となり、実力をつけることがわかる。

3つの「じ」は、個人にとっても組織にとっても大切である。私はこのことを、お世話させていただいている中小企業の方々のために変わらずお伝えしていきたいものである。
0
タグ: 実績 自信 実力

2018/10/15

背が低くなっただけでなく  短歌

何度も書いたが、1月の骨折以来、体調にいくつもの変調が来ているのを実感している。先ずは、腰椎圧迫骨折のせいで身長が2センチも短くなった。次に、骨折との因果関係は不明ながら今年に入ってから血圧が20くらい高くなり、上が140から160、平均で150くらいになっている。

さらに9月初めには時々胸苦しさを感じ、脈を測ると不整脈が出ていた。その後の循環器科での心電図とエコー検査と運動負荷検査の結果、狭心症ではないということが判明したので少し安心できたが、一時は心筋梗塞や脳梗塞の恐怖が頭を去来したものである。

ある医師によれば、骨折を直すための治療の一環として打つ筋肉注射も、不整脈や狭心症を示す指標であるCK値に影響するとのことである。

そう考えると、それぞれの症状は全くの別物とは考えられず、むしろ連鎖反応など何らかの相関があるように感じられてならない。

こうした悩みや疑問を感じるのも、古稀という一つの大きな節目を迎えた時期に発生している点が興味深い。あと何年元気で生きられるかわからないが、残された日々、時間を大切にしたいという気持ちが改めて湧いてきた。
0
タグ: 身長 骨折 古稀

2018/10/8

実績と自信と成長と  短歌

昨春に創部から60余年を経て初めて近畿学生野球リーグの1部で優勝を果たし、神宮球場での全日本学生野球選手権に出場した。そしてあろうことかそこで、誰もが予想すらしなかった1勝を挙げてスポーツ紙だけでなく一般紙にも「国立大学の星」と持ち上げられた母校の硬式野球部であったが、昨秋と今春のリーグ戦では惨憺たる有様であった。それはライバルチームたちに我がチームを研究し尽くされたからであった。

特に今春は、6チーム中の5位を何とか死守しやっとのことで1部リーグにとどまったという状態であった。私が11試合中7試合に応援に行ったにもかかわらず、である。しかしながらその最終戦では明るい兆候を見出した。それは昨年の大活躍を知った高校球児が大挙して我が母校に押し寄せ、正式な入試を乗り越えて30名近くが入部してくれたことである。

その中には、1回生ながら春の最終戦でレギュラーとして投げた投手が2名もいたのである。その内の1人はこの秋季リーグでも実力を遺憾なく発揮し、既に2勝を挙げている。投手だけではない、打者でも1回生が指名打者を担っているのである。それらの結果、今秋のリーグ戦では、これまでの戦績は8勝2敗、勝ち点3で、堂々と首位を快走している。

長く人事管理を担当してきて思うことと一致するのだが、「実績」は「自信」につながり、「自信」を重ねていくとそれが「成長」につながり、「実力」となっていくものである。今週も既に10試合中7試合を応援し続けて感じるのは、母校の野球部についても同じことが言えるということである。

かつて常勝軍団と言われた私学チームに対しても堂々と渡り合っているのである。そこには実績に裏打ちされた自信が強く感じられ、彼らとそのチームが成長途上にあることをひしひしと感じる。これが早いうちに実力となっていくのだろうな、と期待しながら明日も応援に駆けつけようと心に誓った。

0
タグ: 実績 自信 成長



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ