2018/3/19

ドック検診は無事終了  短歌

今日は早朝から年に一度のドック検診に出かけてきた。この一・二年は脳や腰などに負傷したり異常を感ずるできごとが続いたため、今回は脳ドックをはじめ様々な検査をパッケージにしたプレミアムなコースを申し込んだ。

検査では、ベッドに寝たり起きたり姿勢を変えたり、という動作が伴うので、当初の日程を1ヵ月延期して臨んだ今日の検診であったが、それでもいつものようには円滑にはいかず、いちいちスタッフに事情を説明して、動作の緩慢さを考慮した対応をしてもらった。

詳細な結果については1ヵ月くらい先になりそうだが、今日時点での医師の解説によると、腫瘍マーカーはじめ各検査の結果にはどこも問題はなかったので、少しホッとした。特に、骨折のため身長は2センチ低くなったものの体重も3キロ以上減ったので、BMIが改善されていたのは嬉しかった。

先月には、25年前に早世した父親の年令に追いついてしまい、これから先は父親よりも年上になるという不思議な感覚の人生を送ることになる。つまりは、我が家では前例のない人生というわけである。それだけに私にとって健康はひときわ大切なことと言える。

決して無理はせず、マイペースを心がけて、みんなの役に立つ人生を過ごしたいものである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ