2018/3/1

ビジネスの境界がなくなってきた  短歌

世の中に「ボーダーレス」ということばが出てきてかなり経つ。業界などの境界がなくなることである。その典型はコンビニではないだろうか。当初は雑貨屋や駄菓子屋とのボーダーを越えた程度であったものが、その後はどんどん進化して、今はパン屋さん、おにぎり屋さんのほか、総菜屋や、文房具店、書店、喫茶店、八百屋、郵便局、銀行、薬局、電器店とのボーダーも超えてきている。

そういえば最近の新聞で、ある家電量販店の一面広告が目につく。それは、その企業の法人営業部が開催する「ビジネスセミナー」の案内広告である。もちろん受講料は無料である。これまでにそういう法人向けセミナーを開催していたのは、先ずは銀行であった。これは銀行という業種が単に資金の貸し出しをするだけでなく経営相談に乗ってきた自社内のノウハウを顧客企業(または顧客見込の企業)に提供するコンサルティングへと業容を変えてきたことを意味する。

銀行の次は、人材会社である。ここも人材のキャリア採用の支援をするだけでなく、人材の育成にも手を出して顧客サービスの質を高めると共に、自社の特長づくりと、他社との差別化を図るためが背景にあるのであろう。

そこに、家電量販店のセミナー事業である。これも「価格競争」のみに目が行って、自社の首を絞めることに懲りて、他社との差別化を果たそうという目論見が透けて見える。

ビジネスの世界やビジネスモデルはどんどん進化し変化し続けている。かのダーウィンも言ったように、「勝ち残ったのは強いものではない。変化に対応できたものである。」ということなのであろう。噛みしめたいことばである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ