2017/2/25

中途半端な優しさは人をダメにする  短歌

かなり前になるが新聞に、国から農家への助成金が抜本的に削減される記事が掲載されていた。特に兼業農家への支援策が大きく見直されるらしい。当然だと思う。国の支援策の基本は、必死の思いで品種改良をする人もそうでない人も同じように扱うものであり、農家も自分に合った努力をしようという気持ちが湧いてこない性格のものであったからである。

これでは改革開放経済を導入する前の中国と同じであり、それでは人々は努力や工夫をする気力をもつはずがない。150年前の明治維新以来の、言わばお上が民に施すという姿勢の行政はもう見直すべきだといい加減に気づいてほしいものである。自分の金ではなく国民が納めた税金だからと一見気前よくバラ撒いて、優しさを施していると勘違いしているのではないか。

その他にも、戦後の学校教育のあり方も基本が間違っていたと思う。何ごとにも平等ということが徹底され過ぎて、ひん曲がった形での平等が浸透し過ぎてしまった。運動会でゴールラインの少し手前で一旦止まり全員が手を繋いで同時にゴールインするなどはその典型である。

こんな教育のもとで育った若者たちは実社会に出たとたんに競争の場にさらされるから、メンタル的に病んでしまうのもやむを得ない事態となってしまうのである。こういう中途半端な優しさはかえって人をダメにするものである。

一体、優しさとはどんなものであろうか?私は、真の優しさとは厳しさを伴うものであると考える。他人に厳しく当たろうと思えばその人のことをよく知らねばならない。ところが中途半端な優しさしか持たない人は相手のことをよく知らないままに接するから、真に相手のことを考えた厳しいことが言えないのである。このように、中途半端な優しさは人をダメにするということを思い知らねばならない。

「早春の東京行きの車窓より望む霊峰残雪映へて」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ