2014/11/29

国益を考える政治システム  短歌

衆議院議員選挙が予定され、あちこちで選挙カーが慌ただしく走り回り始めた。しかしながら今ひとつ盛り上がりに欠けるのは、慌ただしい年末に急に降ってわいた大義名分のない選挙だからというだけではない気がする。

私が感じるもっと大きな理由は、今の政治や選挙のシステムに納得できない点があるからではないだろうか。例えば、国会議員は本当に国や国益を考える存在になっているのだろうか?現実は、自分を選んでくれた選挙区の利益代表だけに終わっている気がする。

投票する立場から見ても、小選挙区制では自分の住む選挙区の候補者にしか投票ができないので、その選挙区に共感する政策を掲げる候補者がいないときは投票に行く気がしないのも無理からぬことである。

国は、投票率が低い理由を国民の無関心だと決めつけず、むしろ逆に国民が投票に行きたくなるような政治システム、選挙システムに変えていく努力にこそ注力してほしい。言い替えれば、国民が政治と直結しているなあと感じられる、自分達の意見や考え方をより反映してくれるシステムにしてほしいものである。

「国民が政治に参加してゐると感ずる仕組みつくり上げねば」

「この国の政治と選挙を変へずんば民意は遠く離るるばかり」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ