2013/10/29

「なぜ日本の大学生は世界で一番勉強をしないのか」  短歌

今年の5月からほぼ毎月1回のペースで、母校の大学のあるゼミで8名のゼミ生への演習のお手伝いをさせていただいている。

夏休みはゼミも休みであったが、担当教授から学生には宿題として課題図書が示され、その本の要約が課されていた。その本は「なぜ日本の大学生は世界で一番勉強しないのか」という強烈なタイトルであった。

その本によれば、中教審の調査では、日本の大学生の勉強時間は小学生にも劣るという結果が出たそうだ。海外の大学と比べても日本の大学生の不勉強は明白だという。

しかしながら、この原因がどこにあるかというと、学生でも大学でも企業でもなく、その三者の「負のスパイラル」にある、というのが著者の意見である。これを放置すれば日本の国力の衰退につながりかねない。

負のスパイラルを逆転させるには、「考える力」を鍛える授業と、その成果を客観的に評価する授業が必須だという。そのために必要なことは、ゼミなど少数の授業の中で学生に考えさせる質問を次々と出すことと、事前の課題を与えておくことだそうだ。

評価においても、出席点などは加味せず純粋に試験の結果により評価する。その試験も選択式ではなく論述式の問題がよい、ということである。もちろん評価は甘すぎず辛すぎず、しかも適度に分散させるべきである。

組織も国も人材次第。本気で大学教育のあり方を見直さないとこの国はたいへんなことになる。来月のゼミでは、これを踏まえて一つのトライをやってみせたい。

「この国の環境激しく変はれるに育成もまた変はるべきかな」

「この国の未来を託す若者を鍛へるためにひと肌脱がむ」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ