2012/1/29

「技術人事」の助っ人を目指す  短歌

昨日から今日にかけて久しぶりに和歌山市を訪問してきた。今回の目的は当社の第2回経営諮問会議のためである。行き先は和歌山県の最北部、大阪府との境に近い和歌山市加太町である。ここは流し雛で有名な淡島神社や釣り船の拠点として知られている。今回の特徴は、全員が初めてとなる「クエ」の料理三昧と温泉ホテルでの宿泊形式とした点である。

今回の参加者は先輩社長2名である。予定どおり加太に着きホテルの宿泊室に着くなり、会議は始まった。先ずは私から、過去2年間の事業の経過報告と総括、そしてその反省に基づく3年目に向けた重点運営方針についてお二人に聞いていただいた。その後は二人の諮問委員からの矢継ぎ早やの質問と意見が飛び交う。

その中では今回も大きな収穫を得ることができた。すなわち前回の経営諮問会議では当社の事業コンセプトを「助っ人・人事部長」とすることが提起され以降はこれに基づいて業務を推進しているが、今回はさらに事業領域を絞り込んではどうかという提起が二人から出された。同じ「助っ人」でも従来の「中小企業」という企業規模の絞り込みではなく今後は「技術人事」という人事の領域の絞り込みが提起されたのである。

「目から鱗とはまさにこのことを言うのだろう。思えば私の会社生活時代の人事業務の半分は、全社の技術社員の育成そのものやそのための技術経歴管理システムなど仕組み・システムづくりに特化した「技術人事」であった。しかも自分としても一番いい仕事ができていると感じていたのは「技術人事」を担当していたころである。

これはもう少し拡大解釈すれば「専門職集団の人事」とも言える。だからこそ、最後の職場であった健康保険組合という医療職中心の職場にあっても何とか役割を果たせたのかもしれない。私の真の顧客は、技術者を中心としSEや医療職も含む専門職の人々なのである。今後は「技術者を活かす助っ人・人事部長」として再デビューすることにした。

クエづくし料理は今の当社にとっては少し背伸びの大盤振る舞いではあったが、お蔭さまで十分に元が取れるくらいの収穫があったので極めて有益な投資であった。加えて、先輩社長からの差し入れの限定版焼酎の44度の原酒が心地よさを一層加速させてくれた一夜であった。

「技術者を元気にさせる人事をば我が人生の進路と決めん」

「和歌山の名物といふクエ料理フグとも違ふ味の深さよ」


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ