2011/12/14

生活保護制度を考える  短歌

13日の日経新聞に厚労省が生活保護制度の改善策をまとめたという記事が出ていた。働く能力があるのに職業訓練を受けない人は生活保護の停止を検討することになったようだ。当然のことだと思う。記事によると、8月末時点の生活保護受給者の数は約206万人と過去最多を更新し、その額は3.4兆円、うち半分は医療扶助が占めるそうだ。

かねてから感じてはいたが、戦後の政府の施策は国家として初めての手探りのことが多かったとはいえ、余りにも勘違いの施策が多すぎたのではあるまいか。また近年はTPPの話題がニュースを飾ったが、よくよく考えれば、農業や漁業に対する政府の施策、特に数々の助成策が結局は農業や漁業の体力を弱めてきたことは否めない。

かつても述べたが、中途半端な愛情は人をダメにするのである。やるならとことんやるべきだが、戦後から最近のそれは中途半端だと言わざるを得ない。生活保護について見ても、社会環境が大きく変わっているのに制度や基準がついていっていないから、仕事をするより生活保護を受けたほうが収入が多い、というようなおかしな歪みを生んでいる。

それはとりもなおさず、庶民の実態や真の声に耳を傾けずに「これくらいしてあげたら助かるはずだ、喜んでくれるはずだ」という、上から目線で独りよがりな感覚で制度をつくったり運営しているからではないのだろうか。

一方では、一時的な助成金ではなく、世界で一番貧しい国の成長のために将来を見据えた新しい事業の種を見つけてその開発と定着のために奔走された日本人女性の話が日経ビジネス誌に掲載されていた。

要は、彼らが必要としているのは「助成金」ではなくて彼らが「自立」していけるための基盤づくりなのである。そのほうが長期的、構造的に見てかの国の役に立つのである。

改めて問うが、果たして法律は事実を後追いするしかできないものなのだろうか。法律が先回りをすることはできないのだろうか。そうではないはずだ。そう言っているのは、自分の権益を守るために本来あるべき努力をせず現状の延長線上でしかものを見ない人達の言い訳としか思えない。要は、何も努力や工夫をしていない人達の遠吠えでしかないのではなかろうか。

「人々の生活保護する制度なら人々の声広く問ふべし」

「おざなりの上から目線の制度では真の解決遠ざかるべし」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ