2011/6/9

「イキイキ」とか「ワクワク」とか  短歌

先日のテレビ番組で聞いたことだが、私たちがよく使う「イキイキ」とか「ワクワク」とか「グルグル」などの重ねことばはどうやら日本人独特のものらしい。東洋人はともかく少なくとも欧米人にとってはそういう重ねことばは全くなくて、日本語を勉強しているスペインの大学生などはそれが日本語の魅力だと言っていた。

そもそも漢字は表意文字だから、表音文字である英語のアルファベットなどとはその表現力が格段に違うことはわかっていたが、重ねことばという「技」まで駆使したらそれらの差はさらに大きくなるのではないだろうか。

そう考えたとき、日本には人間の感情の機微や自然現象の美しさをみごとに伝え表現する文化が育ってきたことも大いに納得ができる。また最近の日本製のアニメが世界で評判がいいことも説明がつきやすい気がする。日本語は難しいが、アニメなどなら各国共通の表現が可能なので、日本人の感性や良さが伝えやすいのかもしれない。

よく日本語が難しいと言われる理由はその文法が複雑であるからだと考えてきたのだが、それだけではなく日本語の使い方やそれを容易に理解して使いこなしている日本人そのものが高度に難しい存在なのではないかと考えるに至った。

もしそうなら、我々日本人はこの貴重な日本語をもっと大切にすると同時に、もっと広くその良さを伝えていく義務があるのではないかと思った。そして様々な国の様々なことばで日本の文化をもっともっと伝えていくべきではないだろうか。

「日本語の高みを知りてとつ国のことばを使ひ我が国示せ」

「表現はむさ苦しくもせつなくも心を伝ふ意気ぞ高かれ」
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ