2011/3/9

コメの輸出は農家を鍛える  短歌

NHKのクローズアップ現代という番組で、日本のコメが中国などの外国への輸出が増え始めているということを報じていた。味の良さや品質だけでなく食の安全にも目覚めた中国の富裕層は価格が4倍でも日本産の米を買うそうである。

一方、既に企業化が解禁された日本の農業もようやく目覚めつつある。様々な計測器を使って稲作のどの工程でどんな問題がどの程度あるのかをデータで確認しながら改善改良を進める企業も出てきた。また細かく区切られた個人毎のたんぼでは機械化の効果も低いので、たくさんの農家に、仕切りとなっている畦道を取り除くことを呼びかけ、効率化により得た収穫を分け合う提案をしている企業も出てきた。

そして一部の意欲的な農家は、コメの輸出にも積極的になってきているそうである。そこには既成概念を打ち破って様々な工夫や挑戦をする農家の姿があり、旧態依然とした日本の農家のイメージはない。以前からも感じていたが、日本の農業や農家は手厚く保護され過ぎてきたのではないかと思う。その結果、自ら何とか窮地を打開しようとする農家が減ってきて、そこに高齢化も加わって、農家は「攻め」の姿勢を忘れてきていたのではないかと感じる。

本当の優しさとは、一時しのぎではなく長期的な観点から真にその人のためを考え、嫌がられるとわかっていてもあえて本人に真実とあるべき姿を伝えることではないだろうか。ところが失業者向けの制度や助成金にしても生活補助にしても、日本の行政の施策の多くは、大衆迎合とまでは言わないが、対症療法的な優しさ止まりになっていたように感じる。それによって当該者の意欲や基礎体力をかえって弱めてきたのではないだろうか。

そう考えると、日本のコメも輸出されるようになってきて初めて実力で勝負することが経験できるわけであり、農家にとっては厳しいだろうが力をつけるチャンスでもあると思う。これは人材育成とも通じるものがある。是非とも日本の農家も国際舞台で実力勝負を挑みそれに乗り越えて、真の力を身につけてほしいものである。

「中国へコメの輸出の始まりて国策農家の真価問はるる」

「くだらない仕分けごっこはやめにして農家弱める規制見直せ」
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ