2010/12/24

iPadは買ったものの・・・  短歌

先日、ようやくあのヒット商品のiPadを購入した。以前から出張用などのためにほしいほしいとは考えていたのだが、娘婿と娘が愛用しており重宝していると聞いたものだから先日ついに購入したのである。

購入を躊躇していた理由のひとつは、アップル社の製品だからWindowsのソフトウェア、特にWordやExcelなどのOfficeが使えないのではないかという点が引っ掛かっていたからである。

その疑問については互換性のあるソフトウェアを買えば解決することがわかったのだが、やはり使い勝手が相当違うようである。さらには、携帯電話でおなじみのあの取扱説明書がないのである。携帯電話のそれは分厚すぎてかえって評判がよくなかったが、全くないのも心細いばかりである。

初期画面のショートカットの形や名前も初めて見るものが多いので、初期設定を含め使い方がさっぱりわからない。フリーダイアルのカスタマーセンターに電話をかけてようやくインターネットにも接続ができた。

各社の特長づくりや差別化は理解できるが、利用者の利便性を考えるとやはり製品の機能やソフトウェアの互換性・統一性は大切だとつくづく感じた。携帯電話と電子書籍とPDAやモバイルパソコンの性能や機能がどんどん近づいている今、各メーカーは利用者のそういう悩みや意見にぜひ耳を傾けてほしいものである。

「デジタルの機器は性能高まれど使ひ勝手の高まりいかに」

「念願の先進機器を求めしも用法難く机上の飾り」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ