2010/12/13

今回は鮭づくしだ  短歌

私は嫌いな食べ物はないほうだが、好きな食べ物はいくつかある。その一つが鯖で、鯖を酢でしめたきずしが大好物である。またそもそもは保存食として生まれた寿司である鯖寿司、特に奈良の吉野が発祥の柿の葉寿司は最高である。さらに、それをもっと長く保存して腐らせる寸前までにした腐り寿司の一種であるなれ寿司も珍味であり、鯖寿司を炙った焼き鯖寿司もなかなかいい。もちろん、一膳飯屋でよく見る鯖の塩焼きは外せない一品である。

とまあ、加工していてもそうでなくても鯖でさえあれば大好きな人間であり、東京出張の往復ともに鯖寿司であっても問題ないくらいの鯖好きなのである。

しかし先日の東京出張の往路では、京都駅の売店で寿司屋さんが出している「鮭づくし」という弁当が気になって鯖ではなくこちらを買ってしまった。それは奈良県吉野に本店のある寿司屋さんの商品で、内容は鮭のちらし寿司、押し寿司と鮭ご飯の3種が一度に味わえるものであった。

奈良の名産である柿の葉寿司も作っているその店の「鮭づくし」は、見かけは小ぶりな箱に入っていたが、なかなかどうしてご飯も鮭もしっかりと入っていて、味にもボリュームにも十分納得できた。

京都もそうだが、奈良も海から遠く離れているせいか、新鮮な魚を食べることができなかった代わりに鯖や鮭などの魚を保存のきく形で寿司などに加工する技術が発達したようだ。今回の弁当もその技術の遺伝子を引き継いでいるような気がして少し嬉しくなったし、地元の産品でもあるので、今後も時々は「鮭づくし」を買い求めようと思った。

「出張の新幹線の楽しみのひとつは駅の柿の葉の寿司」

「柿の葉をつくりし店の新メニュー鮭づくしとの名で買い求む」
2
タグ:   寿司



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ