2010/12/1

ところ変われば・・・  短歌

ところ変われば、ということばがあるが、まさにそうだなあというできごとにいくつか出会った。

先にも書いたが私は定期的に血液検査を受けている。枚方から生駒への転居に伴い、今年の9月からは長年お世話になった守口市の病院から生駒市の病院に転院した。前の病院から紹介状を書いてもらっていたのでこれまでのやり方はご存じのはずなのに、今度の医者は何かにつけてやり方が違うので当初は少し面食らった。

例えば、これまでは診察日の当日1時間前に採血をしてその結果を知らせてもらうというやり方であったが、今度の病院では診察の後に採血をしてその結果を次回の診察日に知らせるというやり方に変わった。また診察は3ヵ月に1回のペースであったのだがこれも毎月1回に変わった。

最初は言われるとおりにしていたのだが、あまりに違和感があるので担当医に相談してみたら、あっさりと元のやり方に変えてくれた。紹介状を読んでくれていたのだろうかと、やや不安になった。

また先日テレビを買い替えたが、地デジの1チャンネルはこれまではNHK大阪放送局を受信していたが、今回は担当者が気を利かせたのか同じNHKでも奈良放送局に設定されており、大阪放送局を探すと3チャンネルに設定されていた。

どうやら同じ初期設定でも、生駒山を挟むだけで大阪から奈良に設定するのが当たり前になっているらしい。

どれも他愛のないことであり、何らの実害のないことでもあるが、自分にとっての常識が他人にとってはそうでなかったり、またその逆の場合もあるのだなあと、妙なところで感心した次第である。

「受付けのし方や診察の順番もところ変はれば違ひ戸惑ふ」

「関東の人には大阪と言ふけれど地元では生駒と言はねば通じぬ」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ