2010/11/29

心豊かになるひと時  短歌

一昨日の夜は遠い親戚の家で開かれたミニコンサートを聴きに出かけた。そこは我が故郷の和歌山市へ向かう途中の大阪府南部の地方都市で、その家は今では珍しい茅葺き屋根の家である。

初めて訪れたその家は、およそ400年前に建てられたもので、住むにしてはさすがに荒廃が激しいので30年くらい前に大幅な改修をしたそうだ。内部は天井も高く、見かけよりは随分広いし、近代的に改装されていた。ほぼ同じ時期に建てられた近所の二軒は重要文化財に指定されたので住まいとしては使用できないそうだ。

一軒分の茅葺きの費用は今では1000万円くらいかかるそうだから、維持費はなかなかたいへんなようだ。しかし、秋の空にしっかりとそびえる茅葺きの屋根はなかなか趣がある。

19時から始まったコンサートの前半は、ホルンを中心にしたピアノとバイオリンのトリオによるブラームスの三重奏で、後半は別の演奏家によるピアノ独奏で曲目はムソルグスキーの展覧会の絵であった。

生演奏のコンサートそのものが久しぶりであったこともあるが、茅葺きの家を改修した会場の音響は予想以上に素晴らしく、久々に心豊かなひと時を過ごすことができた。人間という動物は、たまにはこういう情操的な時間を楽しむのがいいんだなあ、これは得難い時間だなあとつくづく感じた。

「茅葺きの家で小さきコンサート秋の空気をほのぼの温(ぬく)め」

「晩秋の和泉南部の茅葺きにホルンのやはき音色沁み入る」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ