2010/11/5

交通事故を目撃して  短歌

先日の朝、大学へ向かうバスから交通事故を目撃した。バイクとバイクの衝突である。幸い、お互いに大きなケガはなかったようだが、バスの前方中央部の補助席に座っていてフロントガラスを通してその一部始終を見ていた私は気が気ではなかった。

顛末はこうである。バスが信号待ちしていたら、前方の対向車線で信号待ちしているトラックの右横をすり抜けるように一台のバイクAが進み、トラックの前に出ようとしている。バスやトラックが通ればいっぱいくらいの広くない道なので、バイクAは反対側車線にはみ出して前進している。

そこへ右手側の道路から信号を守ったバイクBが出てきてトラックの前を右折しようとした。そこで2台のバイクが衝突したのである。バイクAの若い運転者が、転倒したBにしきりに誤っているところまで見届けてバスが発車したのでその後のことはわからないが、幸い大きな怪我はなかったようだ。

自動車のマナー違反については先日書いたばかりだが、それに負けないくらいバイクや自転車のマナー違反は多い。自転車ですら大きな怪我に繋がることを最近のテレビで特集していたが、バイクなら事故の大きさはさらに深刻なものになる。

これについてもやはり、自己チューすなわち自己中心の考え方や行動が原因だと考えられる。今こそ「道徳」や「マナー」についての教育をしっかりとやらないと、この国は世界中の国々から馬鹿にされる国になってしまうのではないだろうか。心配でならない。


「自己チューは皆の心にあるもののそれを出すのは限られた人」

「我々は事故とは常に紙一重事故にならぬは神の気まぐれ」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ