2010/10/6

評価制度の再構築に思う  短歌

私が顧問契約をしているある会社では現在、人事評価制度の再構築を実施中である。そのねらいは、頑張っている人に従来以上に頑張ってもらえるように、今よりもさらに信賞必罰を明確にした制度・基準にしていこうというものである。

世界的に大きな右肩上がりの成長が期待しにくい中では給与や賞与に回せる資金は簡単には増やせないから、一部の優秀層に手厚くすると逆に給与や賞与が減る人も出てくるのが現実である。しかしそれでもあえてそれに手をつけるということは、経営者のそれなりの決意の表われだと受け止めて私はお手伝いをしている。

そもそも評価基準というものは、こうあってほしいという会社トップから社員に向けたメッセージであり、それがきちんと果たされるためには会社の経営理念や経営方針が明確でなくてはならない。またその実行のためにはミドルの役割、特に部下育成の役割がきわめて重要である。

「小さな会社は人事評価制度で社員を育てなさい」という本を最近読んだがその主旨はまさに同感である。評価制度の再構築を手がけている今、それは単に給与や賞与を決めるためだけのものではなく、社員の育成とそれを通じた部下育成のできるミドルづくり、強い会社づくりにあることを再認識した次第である。

「そもそもの人事評価の目的は人の育成会社の強化」

「難しき評価制度の改訂なれど越へねばさらに困難の待つ」
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ