2010/7/25

犬の散歩法の要諦  短歌

犬の散歩法なんて、どんなやり方でも同じではないかという見方もあるかもしれない。しかし私はそうではなく、やり方次第で効果的であったり逆効果であったりすると気づいた。散歩の時間やコースや歩く速さなどは、犬の気持ちに合わせたものでないと、犬のストレスを解消するどころかかえって増大させてしまいかねない。ところが現実には犬ではなく連れて歩く人間の都合とペースで散歩していることが多いのではないだろうか。つまり、この場合の主人公は犬なので犬の都合やペースで散歩することが大切なのだが、そうはなっていないことが多いということである。

例えば我が家の場合でも、これまでは朝の散歩はNHKの連続テレビ小説を見てから出かけていたのだが、この時間帯になると最近ではもう陽が高い。ということは人間にとってもそうだが、ふさふさの毛皮をまとっているパピヨン種のチャッピーにとってはなお一層暑苦しそうだ。年令のせいもあるのだろうが、歩き方がよたよたしてきたり、途中で路上に座り込むことが多くなったのでそれに気づいた。犬はしゃべれないので態度で気持ちを表現していたのである。その後は、まだ陽射しも柔らかく風も涼しい6時台に散歩に行くことにし、歩くペースも犬の気ままに任せてみた。それから数日間たったところだが気のせいか犬の体調も従来より良さそうである。

実はCDA(キャリアカウンセラー)の勉強の一環である人から勧められた「プロカウンセラーの『聞く技術』」という本にも同じことが書かれていた。カウンセラーの基本は、聞いた悩みを解決することではなくてひたすら聞くことにあると書かれていた。解決するのは話し手である相談者本人であって、そうなるように話を聞くことが聞き手の役割なのである。つまり相談者が主人公であり主人公主体でカウンセリングは進めなければならない、とも書かれていた。たまたまかもしれないが私の中で2つのことが結びついたのは、もしかしたら2次試験を4週間後に控えた私に、飼い犬が教えてくれたのかもしれない。

「愛犬の散歩は彼が主人公それを踏まへてこその散歩か」

「話し手の心を開くカウンセラー相手の立場に立ちてこそ聴く」
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ