2010/7/9

5回めの富士山に挑戦!  短歌

登山同好会の今年の年間計画では7月は富士山に登ることになっている。会としては初めてだが、私自身は過去4回登っている。

日本一の高山だから地元の下界では晴れていても山頂や上部は悪天候ということはザラなのだが、幸運なことに私はそのうち3回までは天候に恵まれご来光を拝むことができたし、うち2回は山頂の火口の周囲4キロを回るお鉢巡りも体験できた。

ただし残りの1回は、福井県に大きな被害をもたらした最大級の台風の接近のため、山頂まではおろか8合5勺の小屋で引き返した。何しろ、雨が下から降りつけるし、突風のため身体ごと飛ばされるくらいだからやむを得ないリタイアであった。

無念の決断をして6合目まで降りてきたところ、天候はよく雨などかけらもない。天候が回復したかと思って山頂方面を見上げるとそこはまだ嵐のような黒雲に覆われている。高山の気象というものはそれくらい違うのである。

さあ今回は、梅雨明け直後となる予定なので、富士山は機嫌よく迎えてくれるだろうか。楽しみでワクワクする。

「梅雨明けの富士をめざして登らんと初老三人胸躍らせて」

「昔ならマイカー駆って目指したる富士登山口列車で向かふ」
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ